ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
0
    ザ・バンド/南十字星

    ディランとの「プラネット・ウェイヴス」、「偉大なる復活」、「地下室」を経て、1975年にリリースされた本作は彼らのオリジナル新曲によるアルバムとしては71年の「カフーツ」以来4年ぶりのもので、ファーストとセカンドに次ぐ出来と言われている。メンバー全員がウッドストックを離れ南カリフォルニアのマリブに移り、そこで彼ら自身で設立した「シャングリラ・スタジオ」での録音。そのせいか、以前よりも洗練されてリラックスした感じを受ける。ロビロバが8曲全てを書いており、とても充実した曲ばかり。リチャード・マニュエルが歌う(2)「浮浪者のたまり場」はその優しいボーカルが感動的なミディアム。(3)「オフェリア」はレヴォン・ヘルムのお父っつぁんボーカルが冴えるニュー・オーリンズ風のロッキン・ナンバー。後期のザ・バンドの最高傑作に挙げるファンも多いという(4)「アケイディアの流木」はマニュエル、ヘルム、リック・ダンコが歌い継ぐ。(5)「ベルを鳴らして」、(6)「同じことさ!」の2曲がワタシのお気に入り。特に(6)は「アイ・シャル・ビー・リリースト」と同じ節回しがあるのがマイナスだが、ダンコのボーカル、ロビロバのソロ、ともに感動的。ボートラを2曲収録した旧規格盤。★★★★☆

    2013.12.22 FlapNotes 新品紙ジャケ 1,440円 45%引き

    JUGEMテーマ:音楽
    | ノガッチ | ルーツ・ロック | 22:15 | comments(0) | - | - |
    0
      ザ・バンド/ステージ・フライト

      70年発表のサードアルバム。前2作に比べると本作と次作「カフーツ」は評価が低いが、それは前2作が名盤中の名盤だからで、本作も決して悪くは無いどころか、すごく良い。ただ(1)のヤケにドタバタしたロックンロールにはドン引きしたが、それもそのはずレヴォン・ヘルムがギターを弾き、リチャード・マニュエルがドラムを叩いての一発録りだというから、この曲は聞き流すとして、マニュエルが歌う(2)「スリーピング」でいきなり泣ける。(3)「タイム・トゥ・キル」は本作から唯一のシングルカット曲(77位)。(4)「ジャスト・アナザー・ホイッスル・ストップ」でのヘルムの思いっきりレッドネックな歌いぶりが何ともイイ。(6)「ザ・シェイプ・アイム・イン」はワタシとしてはディランとのライヴ盤「偉大なる復活」で良く聴いた曲で、彼ららしい推進力にあふれたロックンロール。(7)「W.S.ウォルコット・メディシン・ショー」、(8)「ダニエル・アンド・ザ・セイクリッド・ハープ」、(10)「うわさ(ザ・ルーマー)」はヘルム、ダンコ、マニュエルの「3人のレイ・チャールズ」によるカラミの魅力全開。そして表題曲は彼らの代表作のひとつ。ちなみに「stage fright」とは「(ステージで、人前で)あがること、緊張すること」の意。旧規格盤なので紙ジャケだが安く入手できた。★★★★☆

      2013.12.31 FlapNotes 新品紙ジャケ 1,199円 54%引き

      JUGEMテーマ:音楽
      | ノガッチ | ルーツ・ロック | 23:05 | comments(1) | - | - |
      0
        ドニー・フリッツ/プローン・トゥ・リーン

        アラバマ出身の作曲家として有名なフリッツの74年デビューアルバム。マッスル・ショールズ・スタジオでの録音で、メンツはその周辺のお馴染みのネームが勢ぞろい。空気が乾燥して土埃の舞いそうなジャケット写真だが、音楽は湿気があって泣きのメロディー曲も多く、捨て曲無しのスワンプロック名盤。
        この紙ジャケはVIVID SOUNDからのリリースなので歌詞・対訳は無いが、元々ワーナーの「名盤探検隊」でリリースされた通常CDには歌詞が付いていた。表題曲の「Prone to Lean=(他人に)寄りかかりがち」とはどういうシチュエーションを歌った歌なのだろうか?と思うが歌詞が付いていないのでワカラない。その点でこの買い替えは失敗だったが、歌詞付き云々をさておけば、内容的には→★★★★★ 
        2013.10.27 DROPS RECORD 新品紙ジャケ 1,504円 45%引き
        JUGEMテーマ:音楽
        | ノガッチ | ルーツ・ロック | 21:43 | comments(2) | - | - |
        0
          Ry Cooder & Corridos Famosos / Live In San Francisco

          これはイイ!2011年録音の本作は「ショウタイム」以来、36年ぶりのライヴアルバム。「ショウタイム」と録音場所も同じグレイト・アメリカン・ミュージック・ホールで、「School Is Out」、「The Dark End of the Street」、「Volver Volver」の3曲がダブるのも逆に聴き比べの楽しみがある。ライの近年のアルバムは企画モノっぽくて手が出なかったのだが、これは過去の有名なレパートリーをちりばめたフツーのライブ盤なので購入した。メンツは息子ヨアヒムds、フラーコ・ヒメネスaccordion、ロバート・フランシスb、テリー・エヴァンスを始めとする3人のボーカル、に10人編成のメキシカン・ブラス・バンドが絡む。選曲も良く楽しいCDだ。ブラス・バンドが入ってくるとエラく盛り上がるし、曲間のチューニングやライのMC、それに歓声が大きいのも臨場感があってイイ。ただ(10)「Volver Volver」を歌う女性ボーカルは?という感じ。ジャケは紙製でデザインもグー。ライのファンは必聴。★★★★★
          2013.10.2 アマゾン 輸入新品 1,297円
          JUGEMテーマ:音楽
          | ノガッチ | ルーツ・ロック | 23:02 | comments(1) | - | - |
          0
            ライ・クーダー/ジャズ

            「ジャズ」といってもライのことだからフツーのジャズを演っているわけではない。戦前のコルネット奏者、ビックス・バイダーベックとバハマのギタリスト、ジョセフ・スペンスをメインのモチーフとして、戦前ジャズがこんな具合に発展していったかもしれない、という仮想のジャズを描いた意欲作。ライは後のインタビューで本作を「爆発した宇宙船のよう」と言ったとのことで、確かにテーマが壮大に過ぎたかもしれないが、内容的には美しいメロディーとハーモニー満載の素晴らしいほぼインストのアルバムだ(歌入りは11曲中3曲)。LP内袋にライ自身が書いた本作の狙い等に関する長文のコメントを中村とうよう先生が翻訳し、その本文を上回る分量の注釈をつけているのが流石、とうよう先生だ。★★★★★
            2013.6.17 タワーオンライン 新品紙ジャケ 2,000円 9%引き
            JUGEMテーマ:音楽
            | ノガッチ | ルーツ・ロック | 20:19 | comments(0) | - | - |
            0
              ビッグ・マウス/ビッグ・マウス

              「USブラック・ディスク・ガイド」の究極のレア盤コーナーで「ディープでガッツィな素晴らしい内容」と紹介されたアルバム。この手のアルバムを再発するのはP-Vineなどのマイナー・レーベル(失礼!)が通例なので、このCDがソニー・ミュージックから発売されていたことは知っていたものの、それが究極のレア盤だとは気付かなかった。というわけでアセッて買ったが、内容的にはかなりロック寄りで、ソウルを期待するとガッカリするかも。ファンクの(1)、もろにロックな(8)なぞはカンベンだが、それ以外はオーティス風だったり、ザ・バンド風だったりと、「サザン〜スワンプ・ロックの隠れた名盤」というつもりで聴けば悪くない。20歳になるかならないかのニルス・ロフグレンが参加している。 ★★★
              2013.3.9 新宿ユニオン 中古紙ジャケ 800円
              JUGEMテーマ:音楽
              | ノガッチ | ルーツ・ロック | 22:13 | comments(2) | - | - |
              0
                バリー・ゴールドバーグ/same

                ゴールドバーグはシカゴ出身で、65年にニューポート・フォーク・フェスティバルでボブ・ディランがフォーク・ロックに転向してブーイングを浴びた時のピアニスト(アル・クーパーはオルガン)だった。その後もマイク・ブルームフィールドやスティーヴ・ミラーらと行動を共にしたが、表舞台で脚光を浴びられないのを気にかけていたディランがプロデューサーとして一肌脱いだこの74年のデビューアルバムはディランが他人のアルバムをプロデュースした唯一の例だという。(1)(2)こそトロピカル風味なものの、マッスルショールズ録音らしくサザン〜スワンプ路線のアルバム。ディランの歌声こそ聞けないが、ディランが参加した73年の「ダグ・サーム・アンド・バンド」あたりと同列に楽しめる内容だ。しかしこのジャケ写ではセールスは伸びないと思う。★★★★
                2013.3.24 HMV 国内新品 1,200円 定価
                JUGEMテーマ:音楽
                | ノガッチ | ルーツ・ロック | 21:25 | comments(0) | - | - |
                0
                  シェール/3614ジャクソン・ハイウェイ

                  シェールといったらグレッグ・オールマンの元嫁で、お色気ムンムンなキモいだけのオバさんというイメージしかなかったが、こんなスワンプロックの名盤を69年に出していたんですね。アルバムタイトルはアラバマのマッスル・ショールズ・スタジオの住所。クラプトンが「461オーシャン・ブールバード」でクライテリア・スタジオの住所をアルバムタイトルにするよりも先に(後の)お色気ムンキモオバさんが同じことをしていたわけだ。これはマッスル・ショールズ・スタジオで最初に録音されたLPとのことで、プロデューサーにはジェリー・ウェクスラー、トム・ダウド、アリフ・マーディンとアトランティック・レコードのスリートップがそろい踏みしており、このアルバム制作には相当にリキが入っていたと思われる。シェールは声を張り上げることもなく、基本的に淡々とした歌いっぷりだが、それがバック(ジャケ写の人たち)の芳醇なサウンドと相まって素晴らしい結果につながった。ディラン「レイ・ベイビー・レイ」、ボックス・トップス「クライ・ライク・ア・ベイビー」、アレサ「ドゥ・ライト・ウーマン、ドゥ・ライト・マン」など選曲も良く、最後を締めるエディ・ヒントンg作のオリジナルバラード「セイヴ・ザ・チルドレン」も感動的。クレジットは無いがデュアン・オールマンが参加しているのでは、との観測もある。★★★★★
                  2013.3.24 HMV 国内新品 1,200円 定価
                  JUGEMテーマ:音楽
                  | ノガッチ | ルーツ・ロック | 21:32 | comments(0) | - | - |
                  0
                    Tedeschi Trucks Band / Somebody's Talkin'

                    デレク・トラックスのCDを初めて買った。これは奥さんのスーザン・テデスキと組んだ話題の11人編成バンドの最新2枚組ライブ。オールマンの「フィルモア・イースト」を期待したが、かなり違う。全体的に冗長だし、スーザンのボーカルは私の好みではないし、人数の割に音は厚くないし。こういうバンドを現代用語ではジャム・バンドと言うのではないだろうか。さすがにデレクのスライドは聴き応えがあり、とくに(2)「Midnight in Harlem」のソロの盛り上がり方といったらない。★★★☆
                    2012.5.23 アマゾン 輸入新品2枚組 1,208円
                    JUGEMテーマ:音楽
                    | ノガッチ | ルーツ・ロック | 08:28 | comments(0) | - | - |
                    0
                      ライ・クーダー/ゲット・リズム

                      「一体どうしちゃったの?」と思えるほどに、本作でのライのスライドは従来とは打って変わってディストーションがかかり、音量もバカでかく、猛烈にハード。それだけライのスライドが堪能できる87年作。曲はバラエティに富むが、アルバム「ボーダーライン」のようなまとまりの悪さは無く、ハズレ曲も無い。オープニングの表題曲から快調に飛ばす。フラーコ・ヒメネスとのシミジミとしたデュエット(8)「アクロス・ザ・ボーダーライン」が一番気に入った。快作。これ以降のアルバムは企画色の強いものになり、ワタシはフォローしていない。★★★★★
                      2012.4.14 FlapNotes 新品紙ジャケ 1,360円 38%引き
                      JUGEMテーマ:音楽
                      | ノガッチ | ルーツ・ロック | 00:24 | comments(0) | - | - |
                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << November 2019 >>
                      PR
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENTS
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE
                      このページの先頭へ