ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
0
    ラモーンズ/ラモーンズの激情

    反省。ユニオンの気合の入ったセールのおかげでレコ買い予算の大幅な前倒し執行を余儀なくされているというのに、酒を飲みながらネットをやっていたらつい酔ったイキオイで買ってしまいましたが、翌朝起きた時にはこのCDを注文したことを忘れていたほど深酒していたのです。ところがその晩もまた同じことを繰り返しそうになりすんでのところで踏みとどまりました。格言「酔ったらネットでレコ買うな」。
    さてこのアルバム。パンクは良く知らないのですが、ロンドンがパンクの発祥の地だと思いこんでいたのですが、ライナーノーツを読むとニューヨークでラモーンズ達が始めたのが最初だったそうですね。つまりこのアルバムが最初のパンクのアルバム。「ベースを強化したビーチボーイズのよう」と形容されている"Judy Is A Punk"と"I Wanna Be Your Boyfriend"がスキ。★★★★
    3月21日 アマゾン 新品紙ジャケ 1,520円 31%引き
    JUGEMテーマ:音楽


    | ノガッチ | パンク | 07:50 | comments(0) | - | - |
    0
      The Clash / The Clash On Broadway
      clash.jpg
      1枚目がファーストアルバムの「Clash」と多数のシングルオンリー曲、2枚目がセカンドと「ロンドン・コーリング」、3枚目が「サンディニスタ」と「コンバットロック」から中心に選曲された3枚組アンソロジー。3枚目の最後にシークレットトラックが1曲入って計64曲。バンド結成時点でベースのポール・シムノンはベースもギターも弾いたことがない全くの素人だったそうで、いかにもパンクです。3枚目あたりではファンキーなベースとかもあるのですが、シムノンが弾いているのでしょうか。曲毎のミュージシャンのクレジットが無いのでそのへんはわかりません。バンドの音楽もどんどんパンクロックの範疇に収まりきらなくなって行き、サンディニスタの頃になると、え?これがクラッシュ?と思うようなしっとりした曲もあります(さすがに、というべきか当時は未発表)。ファーストアルバムの録音の後、ドラムにトッパー・ヒーデンが加入しますがトッパーだとリズムの安定、ノリの大きさが違います。トッパーはオーディションで好きなドラマーはバディ・リッチとビリー・コブハムと答えたそうで、クラッシュのドラマーがビリー・コブハムかと思うと愉快です。★★★★
      8月4日  musicField 輸入新品3枚組 2,001円
      | | パンク | 00:16 | comments(1) | - | - |
      0
        クラッシュ/From Here To Eternity
        fromhereto.jpg
        この前のビーズ・ニーズの投稿からジャケ写を載せようとするとサーバーがエラーになってしまいます。このブログを提供しているサイトのサーバーってすぐダメになるんだよね。〜その後ジャケ写を載せられるようになりました〜
        さて、クラッシュ解散後に発表されたライブ盤。アナログでは2枚組だったがCDでは1枚。ワタシはあまりこのバンドのことを知りませんが、dsのトッパー・ヒードンがめちゃカッコいい、推進力がスゴイです。個人的にはロックドラマートップ3に入ります。それに比べてトッパーの後任のテリー・チャイムズ(どうやらデビュー前のオリジナル・メンバーらしい)はいただけない。特に"Should I Stay Or Should I Go"のドラムはモタッて(パンクがモタッてどーする!!)ヒドイ。バンドとしてはここでCD化された音源よりももっと良いライブがあったんじゃないかな、という感じがなんとなくする。それほどクラッシュってカッコいいもんね。最後の7分の表題曲が結構しんみりしていて沁みる。★★★★
        3月26日 musicField 国内盤紙ジャケ新品 1,090円 42%引き
        | | パンク | 23:20 | comments(7) | - | - |
        0
          The Pirates / Don't Munchen It〜Live in Europe
          pirates.jpg
          ドクター・フィールグッドのウィルコ・ジョンソンのアイドル、ミック・グリーン率いる3人組の77年/78年の未発表ライブ音源集。パイレーツということで海賊が撃つ大砲の音がドカーン!と鳴って,"Please Don't Touch"が始まるのだが、テンションの低いボーカルにオヤッ?と思ったら、ライナー(長い!超力作)によるとこの曲はサウンドチェックを兼ねていてCD化するのがはばかられた曲だそうな。2曲目以降は怒涛のロックンロール。サイコーです。ゴリゴリです。演奏はもちろん、ジャケやライナーの写真もカッコいいっす。3人とも良い顔してるっす。全23曲の後にシークレットトラック1曲あり。中にはひどく音が悪い録音(とくにシークレット・トラックはシークレットにしたのも納得の激音悪)もあるけどカンケー無し。とにかく気合っす。パブ・ロックに限らず広くロックとして名盤。★★★★★
          3月18日 musicField 輸入新品 611円
          | | パンク | 12:36 | comments(0) | - | - |
          0
            Me First and The Gimme Gimmes / Ruin Jonny's Bar Mitzvah
            JUGEMテーマ:音楽
            セールとはいえ525円というのは価格設定が安すぎたことに気づいたのか、1029円(税抜き980円)均一に値段を上げてきました。

            mefirst.jpg
            カバーのみをやるパンクバンドの04年盤。曲は「天国への階段」、「ハート・オブ・グラス」(ブロンディ)、「カム・セイル・アウェイ」(スティックス)、「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」、「ロンゲスト・タイム」(ビリー・ジョエル)、「テイク・イット・オン・ザ・ラン」(REOスピードワゴン)、「スーパースター」(レオン・ラッセル〜カーペンターズ)など。全曲超高速のタテノリパンクアレンジ。なので天国への階段も2分しかありません。ベストは「スーパースター」、次が「ロンゲスト・タイム」かな。出だしを間違えたり、途中で曲が終わったりといい加減なところもパンキッシュでグーです。
            タイトルからMitzvahというバーでのライブかと思ったのですが、ライナー写真には子供が沢山写ってるし何か変だなあ、と思って辞書で調べたらBar Mitzvahというのはバル・ミツバーといって、ユダヤ人の男の子が13歳になった時にする成人式のことだそうです。そういう場での子供向けライブというのがまた可笑しいし、ライナーが成人式を迎えた子の絵日記風なのも良し。なんといってもバンド名からしてメチャクチャです。興味を持った方はここで試聴をどうぞ。★★★★
            http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1809074
            2006.3.21 渋谷レコファン 輸入新品 1,029円
            | | パンク | 19:20 | comments(1) | - | - |
            CALENDAR
            SMTWTFS
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << October 2019 >>
            PR
            SELECTED ENTRIES
            CATEGORIES
            ARCHIVES
            RECENT COMMENTS
            MOBILE
            qrcode
            LINKS
            PROFILE
            このページの先頭へ