ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
0
    リッキー・リー・ジョーンズ/浪漫

    リッキー・リーの79年デビュー盤。ワタシはリアルタイムでこのアルバムを聴いていないが、当時はたいへんな衝撃で迎えられたのではないだろうか。(1)「恋するチャック」や(7)「ダニーの店で」といったリッキーならではのグルーヴィーな曲も良いし、(2)「1963年 土曜日の午後」(10)「カンパニー」のような静謐な曲も素晴らしい。つまりは新世代のシンガーソングライターの登場を高らかに宣言する名盤。バックのメンツが新人のデビュー盤にもかかわらず超強力なのもこの才能を前にしたら当然だろう。ドラムはガッド、ニューマーク、ポーカロなど、エレキ・ベースは全曲ウィリー・リークス、ギターはバジー・フェイトンとフレッド・タケット、キーボードはニール・ラーセン、ドクター・ジョンなど。
    裏ジャケにはリッキーとプロデューサーのレニー・ワロンカーおよびラス・タイトルマンと一緒に写った子供時代の写真が掲載されている。この写真で3人は5〜6歳くらいの仲良しのお友達に見えるが、ワロンカーは1941年生まれ、タイトルマンは44年、そしてリッキーは54年生まれだから、こんな写真はあり得ないはず。ジョークをカマしたということだろうか。★★★★☆
    2013.3.30 タワーオンライン 新品紙ジャケSHMCD 2,140円 18%引き
    JUGEMテーマ:音楽
    | ノガッチ | シンガーソングライター | 21:26 | comments(3) | - | - |
    0
      Joni Mitchell / Studio Albums 1968-1979

      とてもじゃないが聴ききれない激安10枚組。収録されたのは68年の「ジョニ・ミッチェル」から79年の「ミンガス」まで。
      デビューした時からジョニ独自の世界を打ち立てているが、初期は声も歌い方もフォーク系で素直(それに比べて後年が悪いという意味ではない)。70年の「レディーズ・オブ・ザ・キャニオン」にはCSN&Yが歌った映画「ウッドストック」のテーマ的な同名曲の原曲と映画「いちご白書」のテーマ曲としてバフィ・セント・メリーが歌った「サークル・ゲーム」の原曲を収録。71年の「ブルー」はSSW系の傑作。74年の「コート・アンド・スパーク」からジャズ系スタジオ・ミュージシャンが本格的に参加し始め、76年の「逃避行」からはウェザー・リポートのジャコ・パストリアスbが参加。77年「ドンファンのじゃじゃ馬娘」はジョニとジャコのデュエット状態と言えるほどジャコの歌うベースが凄まじい。「ミンガス」に至ってはジャコに加え、ウェザーからウェイン・ショーターsax、ピーター・アースキンdsが参加したうえにハービー・ハンコックkeyも名を連ねる。ジャコのファンならばこれらのアルバムは必聴。
      オリジナルジャケどおりなのかどうかは知らないが、このボックスに入っているCDは全てダブルジャケ仕様。輸入激安紙ジャケボックスで中のCDがダブルジャケというのは他に無いのではないだろうか。「バラにおくる」の内ジャケには遠景でよく見えないが後ろ姿のヌードを、75年「夏草の誘い」にはビキニ姿を掲載しているがウレシサは感じない。全ての英詞が掲載されているのは、読むかどうかは別としてウレシイ。★★★★★
      2012.11.13 アマゾン 輸入新品10枚組ボックス 2,298円
      JUGEMテーマ:音楽
      | ノガッチ | シンガーソングライター | 23:14 | comments(3) | - | - |
      0
        ジェイムス・テイラー/ゴリラ

        アマゾンのユーザーレビューで絶賛されていたので買った75年作。この頃はカーリー・サイモンとおしどり夫婦関係だったとのことで、ハッピーでポップな曲が並ぶ。そこが私小説的な、いわゆる「シンガーソングライター」の旗手だったテイラーが変節したとして批判も浴びたそうだが、ワタシとしてはこの路線も全然OK。ポップチャート5位のヒット(3)「君の愛に包まれて」はマーヴィン・ゲイ64年のヒット曲のカバー。佳曲が多いアルバムだが、メロウなウェストコーストサウンドの(2)「ミュージック」がベストかな。(8)「ひとりぼっちの灯台」ではクロスビー&ナッシュがさすがのコーラスを聴かせる。曲名の割にテイラーは怒っているように聞こえない(9)「アングリー・ブルース」はローウェル・ジョージのスライドがうなるファンキーでまるでフィートのような曲。★★★★
        2012.9.4 アマゾン 新品紙ジャケSHMCD 1,490円 40%引き
        JUGEMテーマ:音楽
        | ノガッチ | シンガーソングライター | 12:57 | comments(0) | - | - |
        0
          James Taylor & Carole King / Live At The Troubadour

          大画面TVで見るようになった今となってはブルーレイでないと画質に満足がいかないので、CDとほぼ同内容のDVDをセットしたこの手のものは買わないようにしているのだが(ただしブルーレイ・プレイヤーを持っていないので映像モノ自体を買っていない)、アマゾンマーケットプレイスで中古がえらく安かったので購入した(送料340円を除く本体価格は483円)。いやはや、これは素晴らしい!トルバドールというライブハウスがどれほどの広さなのか知らないが、冒頭の歓声からまるでその場に居るかのような雰囲気があふれ出す録音が素晴らしい。まず二人だけで2曲歌った後、登場するバックバンドは、ダニー・クーチg、リー・スクラーb、ラスティ・カンケルds、というこの人達以外に無い、というメンバー。その後は二人の有名曲のオンパレードで、捨て曲なぞは一切無い。来日公演に行かなかったことが悔やまれる。仲睦まじい二人のジャケ写真もサイコーだ。★★★★★
          2012.7.4 アマゾンマーケットプレイス 輸入中古CD+DVD 823円
          JUGEMテーマ:音楽
          | ノガッチ | シンガーソングライター | 21:46 | comments(1) | - | - |
          0
            Randy Newman / Songbook 1
            JUGEMテーマ:音楽

            ランディ・ニューマンが自作曲をピアノ弾き語りした2003年作。このCDが好評だったのだろう、今年第2弾もリリースされた。なんつったって大御所のニューマンだし、レーベルはまた通好みのノンサッチだし、ということでこのCDを絶賛したら、ワタシも恰好が付くのだが、正直言ってシンプルすぎて聴くのがつらい。毒を含んだヒネリのきいたと言われる英詞も英語ネイティヴじゃない人間にとってはストレートに耳に入って来ないし(ブックレットに歌詞が記載されているが読むのが面倒臭いし)。しばらくこのCDは寝かしておくか。★★
            2011.8.22 アマゾン 輸入新品 892円
            | ノガッチ | シンガーソングライター | 23:17 | comments(0) | - | - |
            0
              キャロル・キング/ライター
              JUGEMテーマ:音楽

              シンガーではなくてライターなんです、という自虐的ともとれるタイトルを付けた70年録音のデビューアルバム。(1)「スペースシップ・レイス」こそナンダカな〜だが、(2)「ノー・イージー・ウェイ・ダウン」以降は、素晴らしい曲が並ぶ。もともとライターとしては十分過ぎるほどの実績の持ち主だから、曲が良いのは当たり前。そんな中(5)「トゥ・ラヴ」は能天気なカントリーで、こういう曲が無くなったことが次作「つづれおり」でシンガーソングライターとしてブレイクできた理由だろうか。ジェームズ・テイラーは(6)「私の胸にとびこんで」で印象的なコーラスを聞かせる。ドリフターズに提供した名曲のセルフカバー(12)「アップ・オン・ザ・ルーフ」を収録。「つづれおり」好きな人ならばこのアルバムもオススメ。★★★★
              2011.7.30 渋谷ユニオン 未開封中古紙ジャケ 1,080円 43%引き
              | ノガッチ | シンガーソングライター | 22:33 | comments(1) | - | - |
              0
                Martha Velez / American Heartbeat
                JUGEMテーマ:音楽

                全く知らない女性シンガーだが、元々はワーナー・ブラザーズから1977年のリリースだし、何と言ってもこの値段ならハズレでも痛手は小さい、と思って購入。その後ネットで調べると、クラプトン&ジャック・ブルース、ポール・コゾフが参加したブルースアルバムや、ボブ・マーリーがプロデュースしたアルバムなど、全部で5枚のアルバムを残した、ジャニス・ジョプリンのフォロワーとして語られることが多い英国人らしい。本作は最もシンガーソングライター側面を出したアルバムとのこと。自作の(1)「Up To You」を筆頭に、A面は77年らしい爽やかなSSW的ポップ曲が中心でオススメ。ただしB面の曲は、バラエティに富むがそもそもボーカリストとしての力量が高くないので面白くない。ルックスもトホホ。★★★☆
                2010.12.23 渋谷ユニオン 輸入新品 290円
                | ノガッチ | シンガーソングライター | 19:19 | comments(1) | - | - |
                0
                  キャロル・キング/つづれおり
                  JUGEMテーマ:音楽
                   
                  通常プラケース盤からの買い替え。この大名盤を前にしてコメントすること無し。実際(1)「アイ・フィール・ジ・アース・ムーヴ」から始まって(3)「イッツ・トゥー・レイト」、(7)「君の友だち」、(9)「ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー」を含み、(12)「ナチュラル・ウーマン」で終わるこのアルバム(CDにはボートラ2曲追加)は、信じ難いほどの楽曲の充実さだ。でオワリというのもナニなので、ジャケにネコが写っている縁から、約3ヶ月前に拾った我が家のオムツネコ、モレちゃんを紹介しよう。

                  これは拾ったばかりの頃で生後2週間〜1ヶ月と思われる。体重は400グラムくらいだった。後日レントゲンを撮って分かったのだが、交通事故に遭ったのか右骨盤を骨折していて、それで歩けなくて道端にうずくまっているところをワタシが発見したという次第。骨折の影響かわからないが、排泄関係の神経がイカれていてオシッコもウンコもコントロールできないので以来オムツネコとなっている。ちなみにオムツ交換はネコ好きの母さんが担当するという既成事実が出来上がったので、ワタシはクサイ思いをあまりせずに済んでいる。

                  これが、今のモレ。体重は最近計ってないけど2kgくらいにまで大きくなって、骨盤骨折も直ったらしく、とびまわって走りまわって元気にしています。★★★★★
                  2010.8.7 新宿ユニオン 新品紙ジャケ 1,323円 30%引き
                  | ノガッチ | シンガーソングライター | 21:33 | comments(3) | - | - |
                  0
                    キャロル・キング/ラップ・アラウンド・ジョイ
                    JUGEMテーマ:音楽

                    1974年発表の6作目。全米2位になった(3)「ジャズマン」を含む。(1)「ナイチンゲール」からキャロル・キング節全開。(6)のゴスペルバラードで盛り上がった時でもこの人のボーカルはベタつかないところが良い。「つづれおり」がシンガーソングライターという音楽ジャンルを打ち立てたという歴史的な意味を持つ名盤なのに対して、本作はシンガーソングライターというより、ブリル・ビルディングでの職業作曲家時代に戻ったかのような曲が多く、良い曲がズラリとそろっていて聴き応え十分。なお、再録された発売当時のライナーでは前作「ファンタシー」がボロクソに言われており、クルセイダーズをバックに従えてニュー・ソウル的な展開を見せたというそのアルバムが当時いかに不評だったかうかがえる。★★★★★
                    2010.3.21 新宿ユニオン 未開封中古紙ジャケ 945円 50%引き
                    | ノガッチ | シンガーソングライター | 17:34 | comments(4) | - | - |
                    0
                      ランディ・エデルマン/プライム・カッツ、フェアウェル・フェアバンクス
                      JUGEMテーマ:音楽

                      今では映画音楽の巨匠となっているらしいエデルマンの74年のサードと76年の4枚目。
                      金澤寿和氏はAORやブラコンを中心にカバーする音楽評論家で、ワタシはとても信頼しているのだが、バリー・マニロウに代表されるようなポピュラー寄りの音楽も氏のストライクゾーンに入っており、氏の著したAORガイド本を信用してアルバムを買ってみると、ワタシ的にはスカだったことも幾度かある。この「プライム〜」もそういう1枚。金澤氏は本作をエデルマンの代表作として絶賛し、「フェアウェル〜」はいくらか否定的な見方をしているけど、ワタシはむしろ後者の方が好き。というのは、エデルマンの声がそれこそバリー・マニロウ(実際マニロウは彼の曲を採り上げているそうな)みたいに甘いので、前者のようなシンプルなバッキングだとただのナヨっとしたポップスに聞こえてしまう。「フェアウェル〜」のようにアレンジがしっかり施された曲の方が甘さが薄まって良い感じ。「プライム〜」★★☆、「フェアウェル〜」★★★
                      2009.2.21 ユニオン中野特設会場 新品紙ジャケ 各1,000円 62%引き
                       
                      | ノガッチ | シンガーソングライター | 00:19 | comments(0) | - | - |
                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << July 2019 >>
                      PR
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENTS
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE
                      このページの先頭へ