ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
0
    キング・クリムゾン/クリムゾン・キングの宮殿+5

    JUGEMテーマ:音楽

    1969年に発表されたクリムゾンのデビューアルバムは、ビートルズの「アビイ・ロード」を蹴落として全英チャート1位となったと喧伝されていたと記憶するが、実際それに値するだけの、プログレのみならずロックを代表する名盤。う〜ん、今さらこの有名盤にコメントのしようが無い....まあ久しぶりに聴いて改めて思ったことは(1)「21世紀のスキッツォイド・マン(邦題はかつては「21世紀の精神●●●」でしたが変わりました)」以外の曲は抒情的で(とりわけ(3)「エピタフ」が最高)、こういった曲を歌うのにグレッグ・レイク(vo,b)がEL&P結成のために脱退したのは痛かった。全5曲のすべてが名曲。ボートラは別バージョンなど。★★★★★
    2017.4.7 タワーオンライン 新品紙ジャケHQCD 2,233円 23%引き

    | ノガッチ | プログレ・ジャズロック | 22:12 | comments(0) | - | - |
    0
      Pink Floyd / The Endless River

      JUGEMテーマ:音楽

      レコダイ2017の始まりです!CDの置き場所が無いので今年は購入予算を半減したためレコダイの更新頻度も下がりそうですが引き続き応援をよろしくお願いします!

      さてレコダイ2017の一発目はアマゾンで輸入盤が安かったので買ってみたピンク・フロイドが2014年にリリースした20年ぶりのアルバム。2008年に死去したキーボードのリック・ライトが残した音源をデヴィッド・ギルモアとニック・メイスンが再構築したもので当然ロジャー・ウォーターズは参画していない。レココレ今月号の「『レココレ』読者が絶対に聴くべき21世紀の名盤」に選出され、「極上の音質で黄泉の国へと向かう最後のトリップ」と評されているが、過去に聴いたことのある音色のギターやキーボードが頻出するのでフロイドだなあ、という気になれるだけで、最後の「Louder Than Words」を除き全曲インストなのでロジャー・ウォーターズ時代のようなメッセージがあるわけでもなくフロイド・サウンドの雰囲気を再現したBGMに過ぎない。映像ディスクもスタジオでの練習風景とかでマニア以外には有難み無し。★★
      2017.1.10 アマゾン 輸入新品CD+Blu-Ray 1,281円

       

      | ノガッチ | プログレ・ジャズロック | 22:56 | comments(0) | - | - |
      0
        タンジェリン・ドリーム/リコシェ

        JUGEMテーマ:音楽

        タンジェリン・ドリームは1967年に結成され今でも現役のドイツの電子音楽バンドで、本作は1975年のヨーロッパ・ツアーでの録音音源を編集して発表された初のライヴ・アルバム。メンバーはエドガー・フローゼ、クリス・フランケ、ペーター・バウマンのトリオ体制。部分的にドラムやギターも演奏するが、基本的にはシンセ、メロトロン、シーケンサーでのインスト演奏、全2曲。BGMまたはトリップ・ミュージックとして楽しめるが、ワタシがこの紙ジャケを買ったのは中身でなくこのジャケが欲しかったから。このジャケ写の風景はワタシとしては「荒涼」「寂寞」そのもので、こんな場所には死んでも行きたくないし、死んだら行きそうな場所のように見える。そんな「怖いもの見たさ」的な感覚からこのアルバムはぜひ紙ジャケで欲しかった!★★★
        2016.5.8 高田馬場ユニオン 中古紙ジャケSHMCD 1,296円

        | ノガッチ | プログレ・ジャズロック | 21:57 | comments(0) | - | - |
        0
          ブルーフォード/ワン・オブ・ア・カインド

          JUGEMテーマ:音楽

          77年作「フィールズ・グッド・トゥ・ミー」の後、UKの結成・脱退をはさんで、ビル・ブルーフォードdsが前作と同じメンツ、アラン・ホールズワースg、デイヴ・スチュワートkey、ジェフ・バーリンbを集めて79年に発表した本作は、解説書に「英国ジャズ・ロック史上に輝く金字塔」と書かれている通りの大名盤で、ワタシは本作を30年以上聴き続けている。オープニングの決定的な名曲「ヘルズ・ベルズ」を筆頭にどれも曲がイイのが本作の最大の魅力で、演奏についてはこのメンツだから文句などあるはずが無い。本作を詳しく紹介しようにもワタシの文章力では「サイコー!」の羅列に終わるだけなので止めておく。ボートラはドラムソロ含む7分超の「マナクルズ」という未発表曲のライブ音源。繰り返しになるが言っておこう。本作はジャズ・ロックの最高峰だ。★★★★★
          2016.3.10 HMV 新品紙ジャケSHMCD 2,885円 15%引き

          | ノガッチ | プログレ・ジャズロック | 20:36 | comments(0) | - | - |
          0
            ブルーフォード/フィールズ・グッド・トゥ・ミー

            JUGEMテーマ:音楽

            アラン・ホールズワースが次に客演したのは、キング・クリムゾン解散後にビル・ブルーフォードがソロ・プロジェクトとして77年にリリースした本作。メンツはブルーフォードds、ホールズワースg、デイヴ・スチュアートkey、ジェフ・バーリンbの4人にアネット・ピーコックvo、ケニー・ホィーラーtpなどが参加。全10曲中4曲がピーコックのボーカル入り。ピーコックが囁くように歌う(2)がアバンギャルド的だったり、表題曲(6)が妙にポップだったり、ホィーラーのtpをフィーチャーした(9)がやけに抒情的だったりと初のソロ・アルバムだけあってバラエティに富む。しかし本作の魅力はやはりそれら以外のバリバリのジャズロック。ホールズワースはそれまでも十二分に個性的だったが、本作では速さも増してアーミングも多用し、そのスタイルが確立されたように思う。(8)のソロも良いが、ラストの8分を超す大作(10)「アデイオス・ア・ラ・バサダ」でピーコックのボーカルとともに昇天するプレイが絶品。ボーナス・トラックは"the unknown"ジョン・クラークがギターの79年ライブから「ジョー・フレイザー」で、演奏はもちろん良いが音は悪い。裏ジャケの記載されたクレジットやライナーノーツはワタシには字が小さすぎて読めなかった。★★★★
            2016.5.14 HMV 新品紙ジャケSHMCD 2,014円 41%引き

            | ノガッチ | プログレ・ジャズロック | 21:05 | comments(0) | - | - |
            0
              ゴング/エクスプレソーII

              JUGEMテーマ:音楽

              1978年作。バンドはピエール・ムーランを始めとするパーカッション3人とベースの4人編成とになり、アラン・ホールズワースは元ローリング・ストーンズのミック・テイラーg、ボン・ロザーガg、ダリル・ウェイvlnらとともにゲストとして参加している。(1)「ヘヴィー・チューン」は曲名通り重めなロックでゴングらしからぬ曲。だからリード・ギターにミック・テイラーを迎えたのかもしれないが、さすがの名ギタリストもこのバンドにマッチしているとは言い難い。ホールズワースがリードを弾くのは(3)(4)(6)の3曲((6)にはなぜかクレジットされていないが)で、(4)「ソリ」がホールズワース節さく裂で本作のベスト曲。前作「ガズーズ!」がアメリカでは「Expresso」のタイトルで発売されたため、本作はその「II」となっている。★★★☆
              2016.3.10 HMV 新品紙ジャケSHMCD 2,448円 15%引き

              | ノガッチ | プログレ・ジャズロック | 21:44 | comments(0) | - | - |
              0
                ゴング/ガズーズ
                JUGEMテーマ:音楽

                ホールズワースがトニー・ウィリアムスのニュー・ライフタイムの後に加入したのが、ピエール・ムーランds,perのもと完全にジャズ・ロック/フュージョンに舵を切っていたゴングの77年作。ヴァイブラフォン、マリンバといった楽器を含めてパーカッション奏者が4人(後にマイルス・デイヴィス・グループに参加するミノ・シネルを含む)を擁した特異な編成による演奏は、再現オビに書かれた「万華鏡のようなキラメク・リズム」という表現が的を得ており唯一無二の個性。ホールズワースのプレイはいつもの通り圧巻で、曲もジャケも良くジャズロックの名盤。★★★★☆
                2016.2.6 HMV 新品紙ジャケSHMCD 2,448円 15%引き

                | ノガッチ | プログレ・ジャズロック | 21:40 | comments(0) | - | - |
                0
                  ソフト・マシーン/収束
                  JUGEMテーマ:音楽

                  ソフト・マシーンの8名目のアルバムとなる1975年作。カール・ジェンキンスkeyが作曲に注力するためにソロイストを補強するという目的でアラン・ホールスワースgを新メンバーに迎え、バンドの音楽性はアバンギャルドなジャズロックからクロスオーバーに代わった。ソロイスト補強という目的だったからホールズワースはソロのスペースをタップリ与えられ、9分を超すオープニング曲では6分近いソロを弾く。表題曲の(7)は3分ちょっとの短い曲だが殆どが彼のソロ。ホールズワースの弾きまくりはいつ聴いても痛快至極だ。ホールズワースはトニー・ウィリアムスのニュー・ライフタイムに加入するためバンドを本作限りで脱退している。なお、この紙ジャケはエアー・メイル・レコーディングスからの発売で、LP発売時の東芝オビが再現されていないのが残念。★★★★
                  2016.1.30 渋谷HMV 紙ジャケBSCD 2,052円 15%引き

                  | ノガッチ | プログレ・ジャズロック | 22:09 | comments(0) | - | - |
                  0
                    ジャン=リュック・ポンティ/ライヴ
                    1978年12月のライブ盤が廉価SHMCD仕様で「プログレッシブロック1300コレクション」の1枚として発売された。名盤として名高い本作のメンバーは、ポンティ5弦Vln、ラルフ・アームストロングb、アラン・ザバドkey、ケイシー・シューレルds、ジョアキン・リヴァーノg、ジェイミー・グラッサーg。ポンティのアルバム以外では聞いたことのない人達だがスゴ腕ばかり。とりわけ二人のギタリストがソロにバッキングにと、カッコイイことこの上ない。クラシック音楽と縁遠いワタシにとってバイオリンはちょっと親しみ難い楽器なのだが、ポンティはエレキギターみたいな音色なので親しみ易い。ベストはラスト曲でスピーディーな(7)「エゴセントリック・モリキューズ」。冒頭のスリリングなギターソロ、続く強烈なベースソロ、そして御大のソロ、と手に汗握る7分。このアルバムをプログレ再発シリーズの内の1枚としたのは大正解で、きっとプログレファンも気に入るだろう。ジャズロック好きにはマスト。★★★★★
                    2015.12.13 渋谷ユニオン 国内新品SHMCD 1,134円 19%引き
                    JUGEMテーマ:音楽
                    | ノガッチ | プログレ・ジャズロック | 21:40 | comments(0) | - | - |
                    0
                      Rush/R30
                      デビュー30周年記念となる2004年に行われた“R30”ツアーより、9月24日、フランクフルトのフェスタハレでのコンサートを収録した映像作品。このブルーレイは2006年に発売されたオリジナルのDVD版に8曲を追加し、コンサート全編の完全収録仕様だそうだ。輸入盤なので総収録時間の記載も無いが、メドレーを含む全34曲はボリュームたっぷし。曲はプログレ・ハードでシリアスなのに、ステージ上にはなぜか洗濯機や自動販売機が置かれていたり、デビュー当時のひげ面のメンバーを模した人形が出てくるビデオが流れたり、とユーモラス。最大の見ものはドラムソロの「Der Trommier」。ニール・パートがこれほどテクニカルなドラマーだとは知らなかった!360°にセッティングされたドラムセットで、あらかじめ計算し尽くされた複雑なプレイをエレクトリックのバイブラフォンみたいな楽器も交えて一音の狂いも無く叩くさまは圧巻!必見!しかもスティックを放り投げてキャッチしたりするのに表情を変えないのがカッコイイ!大好きなニール・パートの演奏がタップリと見られたることは満足なのだが...ゲディ・リーのボーカルの音程がどうもハズレ気味。とくにオープニングの名曲「The Spirit of Radio」での音程のハズれ具合はヒドく、モニターの調子が悪かったのだろうか?ゲディは服もジャージみたいでダメダメ。★★★★
                      2015.10.18 渋谷ユニオン 輸入中古BluRay 1,240円
                      JUGEMテーマ:音楽
                      | ノガッチ | プログレ・ジャズロック | 22:48 | comments(0) | - | - |
                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << December 2019 >>
                      PR
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENTS
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE
                      このページの先頭へ