ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
0
    キャロル・ベイヤー・セイガー/・・・Too

    JUGEMテーマ:音楽

    作詞家、キャロル・ベイヤー・セイガーの1978年セカンド・アルバム。共作者はデヴィッド・フォスター、ブルース・ロバーツ、メリサ・マンチェスターなど。そのうえバックを務めるのがTOTOやエアプレイを始めとするフォスター人脈に加えてマイケル・マクドナルドとビル・チャンプリンがコーラスで参加、と超豪華なのでバリバリのAORを期待すると肩透かしをくらう。(1)からしてジャジーなバラードで、全体的に静かなバックサウンドに本人のヘタウマ(?)なボーカルが乗るという作りで、夏空のような爽快さとは無縁で、落ち葉の季節に合いそうなシットリとしたアルバム。そんな中、フォスターと共作した2曲は思いっきりポップで、(2)「恋をしましょう」はマイケル・ジャクソンが『オフ・ザ・ウォール』でカバーしたAOR名曲。(8)「踊りたくないの」はAORというよりディスコで中庸な出来だが、さすがフォスターだけあって下世話さは無い。★★★
    2019.2.24 アマゾン 国内新品SHMCD 1,171円 17%引き

    | ノガッチ | AOR | 20:56 | comments(0) | - | - |
    0
      Jackson Browne / Awake Again

      最近いJUGEMテーマ:音楽

      最近、いろいろなミュージシャンの昔ラジオ放送されたライブ音源をCD化したものが大量にリリースされているが、内容や音質は玉石混交らしいので手を出さないようにしている。しかし1982年7月18日、スイス・モントルー・ジャズ・フェスティバル公演のFMラジオ放送音源を2枚組にしたこのCDはアマゾンのカスタマー・レビューで高く評価されていたので買ってみた。これが大正解で、ジャケット写真こそカラーコピー並みなものの、音質・バランスともに最良とは言わないまでも文句の無いレベル。80年代後半から彼は政治色を強めていくので、この頃がワタシにとって最も好きな時期で、青春コメディ映画『初体験リッジモント・ハイ』の主題歌でチャート7位のヒット「Somebody's Baby」でスタートし、以後は有名曲のオンパレード状態。バックはダニー・クーチ、ダグ・ヘイウッド、リック・ヴィトー(g)クレイグ・ダーギ(key)ボブ・グローブ(b)ラス・カンケル(ds)。ジャクソンの抒情的な楽曲が楽しめるのは当然のことながら、「Boulevard」でのキレのいいドラム、「Runnin' On Empty」での豪快なスライド・ソロなど、ロック・バンドとしての強力なアンサンブルが印象的。コンサート本編はイントロからしてドラマチックな9分を超す「Hold on, Hold Out」で締め。アンコールは「Late For The Sky」など3曲で、オーラスの「The Road And The Sky」は「これがジャクソン・ブラウン?」と思うほどのロックンロール賛歌。全19曲。オススメ盤。★★★★☆
      2019.2.24 アマゾン 輸入2枚組 2,000円

      | ノガッチ | ウェストコーストロック | 20:52 | comments(0) | - | - |
      0
        ケリー・チェイター/パート・タイム・ラヴ、ちぎれそうな恋

        JUGEMテーマ:音楽

        中田利樹氏のAORガイドブックに後者のアルバムが取り上げられているものの、紹介スペースはその他の多くのアルバムと同じで並みの扱い。しかし、この2枚は共に曲良し、ボーカル良しの思わぬ掘り出し物で素晴らしい!

        「パート〜」は77年発表のファースト・ソロ・アルバム。プロデュースはスティーヴ・バリとマイケル・オマーティアン。バックはジェフ・ポーカロ(ds)デヴィッド・ハンゲイト(b)リー・スクラー(b)ディーン・パークス(g)などで、随所でポーカロならではのプレイが聴ける。ノッケの(1)からアコギとホーン・セクションがグルーヴィーな展開で胸躍るアッパーな曲。(2)は一転して渋みの効いたボーカルのカントリー・タッチのバラード。標題曲の(3)はハンドクラップも楽しいモータウン的なノリのシャッフル・ナンバー。(8)は解説の金澤氏がベスト・ナンバーに挙げるポップな曲。そしてラストはストリングスが盛大に入ってポーカロのフィルインが盛り上げる、仕立てとしてはボズの「We're all Alone」と同じドラマチックなバラード。
        「ちぎれそうな恋」は78年リリースのセカンド。ドゥービー・ブラザーズを髣髴させる軽快なシャッフル・チューンでスタート。(3)はレオ・セイヤーみたいなサビを持つ曲でシャキッとしたリズムが心地よい。(4)はペダル・スティールが効いたウェスト・コースト・ロック。(5)はホーン・アレンジもシャープなスティーリー・ダン的な感触のある曲。そして(6)「Ain't Nothing For A Heartache」はラリー・カールトンが81年『ストライクス・トゥワイス』でカバーするAORの名曲でアレンジもほぼ同じ。ラストを飾る標題曲は畢竟のバラード。しかしこのアルバム、内容は良いがジャケデザインはいかがなものか。

        チェイターはこの後、ナッシュビルに移住し主にカントリーの分野で作曲家として活躍しているそうだ。2作とも★★★★☆
        2019.2.21 芽瑠璃堂 新品紙ジャケ 各522円 81%引き

        | ノガッチ | AOR | 21:24 | comments(0) | - | - |
        0
          ハロルド・ヴィック/アフター・ザ・ダンス

          JUGEMテーマ:音楽

          ブルーノートにリーダー・アルバム『Steppin' Out』を残している1943年生まれのベテラン・サックス奏者、ハロルド・ヴィックがリチャード・ティー(key)スティーヴ・ガッド(ds)エリック・ゲイル(g)らスタッフの面々とアンソニー・ジャクソン(b)ラルフ・マクドナルド(per)らを迎えた1976年作品。ジャズ・チャートのみならずR&Bチャートでもアルバムが1位を獲得していたグローヴァー・ワシントンJr.の二匹目のどじょうを狙って制作されたそうで、曲調もサックスの音色もバックのサウンドもグローヴァーにソックリ。これがグローヴァーのアルバムと言われても分からないが、逆に言えばそれだけ良質だということ。本人のプレイと関係なくて恐縮だが、(4)「I Go To Rio」の間奏でモロにスタッフになるところが最高だ。しかしこのクリンク盤は盤起こしで音が悪すぎるので星一つマイナスで→★★★
          2019.2.2 芽瑠璃堂 新品紙ジャケ 868円 15%引き

          | ノガッチ | フュージョン(管楽器) | 20:25 | comments(0) | - | - |
          0
            スティーヴ・ギブ/モノクローム

            JUGEMテーマ:音楽

            田中康夫の『なんとなくクリスタル』のサウンドトラック盤(1981年)にとってもセンチメンタルなバラード(3)「Tell Me That You Love Me」が収録されて注目されたカントリー・ポップス路線のシンガー・ソングライター、スティーヴ・ギブが1979年に発表したデビュー作(唯一のアルバム?)。内容は甘〜いスロー中心でAORというよりも、バリー・マニロウとかのMiddle Of the Roadのポピュラーという感じ。(1)「She Believes In Me」は78年にケニー・ロジャースが歌って全米5位を記録した曲のセルフカバー。他の曲もいろいろな人にカバーされたようで、全体的に曲の質が高いのは、後に自身のアルバムを何枚もリリースするランディ・グッドラムが半数以上の曲で作曲に協力しているためか。ワタシにとってのベストは(6)「Don't Blame It On Love」で、これは甘すぎるバラードではなく軽快なミッド・テンポの曲。1曲だけディスコ・ナンバーで時流に色目を使っているのはイタダケない。ちょっと甘すぎるものの『掘り出し物』と言って良いくらいの良質なアルバム。★★★★
            2019.2.2 芽瑠璃堂 新品紙ジャケ 868円 15%引き

            | ノガッチ | AOR | 18:44 | comments(0) | - | - |
            0
              マイケル・ウルバニアク/エクスタシー

              JUGEMテーマ:音楽

              今年のレコダイ『お下劣ジャケ賞』間違い無しのこのアルバムは、ポーランドのジャズ・ヴァイオリニスト、マイケル・ウルバニアクが78年にリリースしたもの。フュージョンを期待して買ったのだが、全9曲中6曲がボーカル入りのブギー/ファンク・アルバムだった。プロデュースはウルバニアク本人だが、ジョージ・デュークのようなキッチリとしたサウンドメイクはレア・グルーヴ〜モダン・ソウル・ファン向き。バックを務めるのはバーナード・パーディー(ds)ケニー・カークランド(key)以外に有名どころはいないが、ピー・ウィー・フォードという初めて聞く名前のベーシストの、アルフォンソ・ジョンソンとバイロン・ミラーを足して2で割ったようなゴリゴリ&ブリブリしたプレイが超強力だ。しかし内容以前に、クリンク・レコードから紙ジャケ再発されたこのCDは盤起こしで音が悪い。★★☆
              2019.2.2 芽瑠璃堂 新品紙ジャケ 868円 15%引き

              | ノガッチ | ファンク・ディスコ・ダンス | 22:13 | comments(0) | - | - |
              0
                ラリー・リー/ロンリー・フリーウェイ

                JUGEMテーマ:音楽

                カントリー・ロック・バンド『オザーク・マウンテン・デアデヴィルズ』出身のラリー・リーが82年にリリースしたソロ・デビュー作にして、唯一のアルバム。LA録音で、デヴィッド・サンボーン(sax)デヴィッド・ハンゲイト(b)マイク・ベアード(ds)ニッキー・ホプキンス(key)などに加えトム・ケリー、ビル・チャンプリン(cho)等、一流どころが参加している。このアルバムの最大の成功要因は、髭面の田舎臭いラリーが写っているだけの何の工夫も無い、買う気の起きないジャケだったのを、日本独自に人気イラストレーター・鈴木英人のジャケに差し替えたこと。しかしこのアルバムが日本でヒットしたのは内容がこの爽やかなジャケに伴ってこそ。何と言っても91年に公開された中山美穂主演の『波の数だけ抱きしめて』のサントラで使用された(2)「ロンリー・フリーウェイ(Don't Talk)」だろう。他の曲もデヴィッド・フォスターを意識したアレンジやジェイ・グレイドンのワイヤー・クワイヤーのようなギターが聴かれたりと、細かい所まで気が利いている。バブル時代を思い起こさせるAORの名盤。★★★★★
                2019.2.11 渋谷ユニオン 中古紙ジャケ 1,300円

                | ノガッチ | AOR | 22:01 | comments(0) | - | - |
                0
                  ヒューバート・ロウズ/シカゴ・テーマ

                  JUGEMテーマ:音楽

                  1974年録音のCTI作。ヒューバート・ロウズ(fl)ボブ・ジェームス(p)ジョージ・ベンソン(g)エリック・ゲイル(g)ロン・カーター(b)スタンリー・クラーク(b)スティーヴ・ガッド(ds)デヴィッド・サンボーン(as)マイケル・ブレッカー(ts)等。ワタシのCTIに対するイメージは「クロスオーバー以前」というもので、あまり熱心に聴いてこなかったのだが、このアルバムはイイ!何がイイって、ボブ・ジェームスのアレンジも良いのだが、ガッドを筆頭にサンボーンもベンソンもブレッカーも一聴して分かる記名性の高い演奏をしているのがイイ。標題曲(1)は刑事ドラマの主題曲みたいなカッコイイ曲。(2)「真夜中のオアシス」はマリア・マルダーの名曲。(3)「誓い」はスタイリスティックスの74年ヒット。ドヴォルザークのあのクラシック曲「家路」をスピーディな展開にアレンジした(4)はガッドのカウベルを使った18番のプレイがスリリングだ。ジャケ写もイイ。★★★★☆
                  2019.1.25 アマゾン 国内新品 866円 20%引き

                  | ノガッチ | フュージョン(管楽器) | 20:33 | comments(0) | - | - |
                  0
                    Bruce Springsteen / Complete Video Anthology 1978-2000

                    JUGEMテーマ:音楽

                    スプリングスティーンのミュージック・ビデオとコンサート映像を収めたDVD2枚組。1989年にVHSで発売された時は18曲収録だったが、この2枚組は収録時期を2000年まで伸ばして全33曲分、165分にボリュームアップ。オープニングは「Rosalita」の78年ライヴ映像。ロック評論家ジョン・ランドーは1974年にライヴを観て、「私はロックン・ロールの未来を観た。その名はブルース・スプリングスティーン」と絶賛したが、この78年ライヴでもまさにその通りだ。こんな骨太なロックン・ロール・ショウを見せられたら誰でも熱狂せずにはいられない。一方、労働者階級の悲痛な現実を歌う「The River」は一人ハープを吹いて歌うだけだが、これがまた最高にカッコイイ。髪の毛ボサボサのひげ面でスリムだったスプリングスティーンが、いきなりゆで卵のようにツルツルの顔になってディスコダンスを踊る「Dancing in the Dark」には当時驚かされたものです。でもワタシはこの曲の「You can’t start a fire without a spark」という歌詞が、分かったような分らないようだけど大好き。このビデオの最大の見ものは色々なライブ映像を繋ぎ合わせた「Born to Run」。スタジアム全体が曲に合わせてウェーヴする場面が鳥肌モノ(こういう「鳥肌」は誤用だそうだが、代わりの表現が無い)。こんなコンサートをやれるのならロック・スターは辞められないよな、と思える楽しいライブ映像で、ワタシにとって全てのロックのビデオ・クリップの中でベスト1、2を争う素晴らしさ。ちなみにワーストはジャーニーの「セパレイト・ウェイズ」だな。とにかくこの「Born to Run」は必見。★★★★★

                    2019.1.25 アマゾン 輸入新品DVD2枚組 1,703円

                    | ノガッチ | ディラン、スプリングスティーン | 20:53 | comments(0) | - | - |
                    0
                      アイソトープ&ゲイリー・ボイル/ライヴ・アット・ザ・BBC

                      JUGEMテーマ:音楽

                      インド系イギリス人ギタリスト、ゲイリー・ボイルが率いたジャズ・ロック・バンド、アイソトープの73年と74年のライブ6曲に加えてボイルのソロ名義での77年ライヴ3曲。注目は77年のメンバーに後にバグルス〜イエスのkey、ジェフリー・タウンズが参加していることで、ちゃんとしたジャズ系のプレイを聴かせる。アイソトープはマハヴィシュヌ・オーケストラやリターン・トゥ・フォーエバーあたりを目指したイギリスの典型的なジャズロックで、徹頭徹尾の弾きまくり、叩きまくりで、メリハリもヘチマも無いが、とにかく激アツ。77年のライヴはボイルの初ソロ・アルバム「ザ・ダンサー」から。その表題曲はエキゾチックな味付けのフックもイカしたダンサブルなジャズロックで、アルバムのリリース当時からワタシのお気に入り曲。ライヴ・バージョンが聴けるのはうれしいが、スタジオ録音バージョンが絶対にオススメ。★★★★
                      2019.1.20 渋谷ユニオン 国内中古 1,550円

                      | ノガッチ | プログレ・ジャズロック | 21:03 | comments(0) | - | - |
                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << July 2019 >>
                      PR
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENTS
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE
                      このページの先頭へ