ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< Bill Brandon / On The Rainbow Road | main | バッド・カンパニー/バッド・カンパニー、ストレート・シューター >>
0
    Jeff Berlin / Crossroads

    凄腕ベーシストの85年のソロデビュー作"Champion"と86年のセカンドソロ"Pump It"の2イン1。それぞれのアルバムがスコット・ヘンダーソンとフランク・ギャンバレの初レコーディングというのが興味深いところで両者とも初レコーディングの時点で超絶テクを披露している。表題曲はあの「クロスロ−ド」でクラプトンのギターソロをベースで完コピするというまるで意味の無いカバー。ベースソロの音色はコーラスが深くかかっていて古臭いくてカッコイイとか悪いとかいうよりも笑える。ニール・ショーンやニール・パート(!)がゲスト参加した曲もあるけどイマイチ。基本的に楽曲が良くない(とくに"Pump It"収録曲)。★★★
    12月21日 アマゾン 輸入新品 700円 
    JUGEMテーマ:音楽


    | ノガッチ | フュージョン(ベース) | 07:47 | comments(3) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 07:47 | - | - | - |
      バンド「ブラッフォード」のファースト"One Of A Kind"のベースでワタシは初めてこの人を認識しました。香津美の「スパイス・オブ・ライフ」のリズム隊がビル・ブラッフォードとこの人ですね。
      まあこのクロスロードは笑えるという意味では必聴と言えるかもしれません。
      | ノガッチ | 2008/02/24 10:37 PM |
      すっげー聴きたいな、このクロスロード。

      このJeff Berlinて、どんな人?初めて名前を聞きました。
      | nishie | 2008/02/24 8:54 PM |
      わはは!クロスロ−ドのギターソロをベースで完コピ。
      レーナードがライブ盤でギターソロを丸コピしてたのも驚きでしたが、フュージョンプレーヤーが、しかもベースで完コピ。師匠のコメント:まるで意味なし。わはははは!!
      ということで師匠。是非ともそのクロスロードのみで結構ですのでiPodに落とさせて下さい。
      | 黒セブンスター愛好家協会 | 2008/02/21 5:42 PM |









      CALENDAR
      SMTWTFS
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ