ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< ウェイン・ベリー/ホーム・アット・ラスト | main | スパッツ/same >>
0
    竹内まりや/Miss M

    JUGEMテーマ:音楽

    1980年12月にリリースされたまりやの4作目は、アナログA面がLA録音、B面が東京録音で、ボートラに81年8月25日、中野サンプラザでのライブ4曲を収録した40周年記念リマスター盤。ワタシの狙いはもちろん豪華メンツのLA録音。なにせAORの金字塔アルバム『エアプレイ』をリリースしたばかりのデヴィッド・フォスター&ジェイ・グレイドンに加え、TOTOからルカサー、ポーカロ、ハンゲイトの3人、グレッグ・マシソンやビル・チャンプリンも参加している。作家陣も豪華で、ポーカロのカウントから始まるアゲアゲのダンス・ナンバー(1)「Sweetest Music」はピーター・アレン、(2)(3)はタツロー、(4)「Secret Love」はフォスター、グレイドン&マーク・ジョーダン、(5)はロジャー・ニコルスだ。東京録音でバックを務めるのは鈴木茂、岡沢章、清水信之ら。当時25歳のまりやが作詞した(6)「二人のバカンス」は詞が思いっきり80年代的なキャッチーな曲。(9)「Farewell Call」は超ドラマチックなバラード。ライブ曲はWikiによるとこの頃、過酷なスケジュールのために喉を傷めていたらしく、「これってまりやか?」と思うほど低めの声で驚いたが、本作でワタシが気に入った(1)(4)(6)(9)が全てライブで聴けて良かった。★★★★
    2019.9.20 アマゾン 国内新品 1,418円 29%引き

     

    | ノガッチ | J-ROCK・J-POP | 21:16 | comments(0) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 21:16 | - | - | - |









      CALENDAR
      SMTWTFS
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ