ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< ブレンダ・ラッセル/ラヴ・ライフ | main | Bruford / BBC Rock Goes To College >>
0
    ジェームズ・ブラウン/ジェームス・ブラウン・トーキョー・ライヴ

    JUGEMテーマ:音楽

    1979年の来日ライヴで、LPでは2枚組だった72分。アマゾンの英語で書かれたカスタマー・レビューは五つ星がズラリと並んでいる。ワタシはこの時期のJBが最も好き。曲毎に聞かれる拍手は日本人らしいお行儀の良いものだが、実際の会場は一曲目の(2)「トゥー・ファンキー・イン・ヒア」からステージに人が詰めかけて盛り上がっていたそうだ。ワタシが学生時代に演ったことがある(4)「ゲット・アップ・オファ・ザット・シング」はイントロもカッコよく、ワタシがJBで最も好きな曲のひとつ。バラードの(7)「トライ・ミー」で小休止した後は、ブレイクでのコール&レスポンスを挟んで10分を越す(8)「セックス・マシーン」。一番カッコいいのが72年のR&Bチャート1位のヒット曲(10)「ゲット・オン・ザ・グッド・フット」で、この曲を始め、ライヴ全編でジミー・ノーランのリズム・ギターが堪能できる。またベースのアグレッシブなプレイがバックバンドJB'sの要になっている印象だ。最高。★★★★★
    2019.6.8 アマゾン 紙ジャケSHMCD 807円 72%引き

    | ノガッチ | ファンク・ディスコ・ダンス | 21:12 | comments(0) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 21:12 | - | - | - |









      CALENDAR
      SMTWTFS
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ