ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< エリック・クラプトン/レインボウ・コンサート+8 | main | アイズレー・ブラザーズ/ウィナー・テイクス・オール >>
0
    松岡直也/Welcome (2in1 完全版)

    JUGEMテーマ:音楽

    83年7月に行われた、モントルージャズフェスでの(7)〜(10)と帰国後の六本木ピットインでの(2)〜(6)に、スタジオ録音(1)(11)を収録したLPでは2枚組だったもの。メンバーは松岡直也(key)高橋ゲタ夫(b)是方博邦(g)津垣博通(key)多田牧男(ds)ウィリー長崎(per)田中倫明(per)。80年に「松岡直也&ウィシング」としてモントルーに出演した際の『Live at Montreux Festival』は5人のホーンズを含む総勢11人による演奏が、「世界に打って出るぜ!」という熱気が溢れる名盤だった。それに比べると今回の編成は7人とこじんまり。しかしそれぞれが9分と12分を越す(7)「Maple Wind」と(8)「Sunspot Dance」での熱気は80年と遜色無い。それは六本木での(4)「Amorosa」と(5)「Monologue」も同様で、その原動力となっているのはゲタ夫の強力なベース。5年程前に観客が20人くらいしかいないライブでゲタ夫をかぶりつきで観る機会が有ったが、ニカーッと満面に笑みを浮かべながらプレイするゲタ夫は最高だった!ウィシング時代もメロディーは親しみやすかったが、今回は圧倒的に歌謡曲的(85年には中森明菜の「ミ・アモーレ」を書いている)になっているところで好みが分かれるかも。★★★★
    2019.4.26 タワーオンライン 国内新品 1,096円 22%引き

    | ノガッチ | J-FUSION | 21:26 | comments(0) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 21:26 | - | - | - |









      CALENDAR
      SMTWTFS
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << December 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ