ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< ヒューバート・ロウズ/シカゴ・テーマ | main | マイケル・ウルバニアク/エクスタシー >>
0
    ラリー・リー/ロンリー・フリーウェイ

    JUGEMテーマ:音楽

    カントリー・ロック・バンド『オザーク・マウンテン・デアデヴィルズ』出身のラリー・リーが82年にリリースしたソロ・デビュー作にして、唯一のアルバム。LA録音で、デヴィッド・サンボーン(sax)デヴィッド・ハンゲイト(b)マイク・ベアード(ds)ニッキー・ホプキンス(key)などに加えトム・ケリー、ビル・チャンプリン(cho)等、一流どころが参加している。このアルバムの最大の成功要因は、髭面の田舎臭いラリーが写っているだけの何の工夫も無い、買う気の起きないジャケだったのを、日本独自に人気イラストレーター・鈴木英人のジャケに差し替えたこと。しかしこのアルバムが日本でヒットしたのは内容がこの爽やかなジャケに伴ってこそ。何と言っても91年に公開された中山美穂主演の『波の数だけ抱きしめて』のサントラで使用された(2)「ロンリー・フリーウェイ(Don't Talk)」だろう。他の曲もデヴィッド・フォスターを意識したアレンジやジェイ・グレイドンのワイヤー・クワイヤーのようなギターが聴かれたりと、細かい所まで気が利いている。バブル時代を思い起こさせるAORの名盤。★★★★★
    2019.2.11 渋谷ユニオン 中古紙ジャケ 1,300円

    | ノガッチ | AOR | 22:01 | comments(0) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 22:01 | - | - | - |









      CALENDAR
      SMTWTFS
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ