ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< アイソトープ&ゲイリー・ボイル/ライヴ・アット・ザ・BBC | main | ヒューバート・ロウズ/シカゴ・テーマ >>
0
    Bruce Springsteen / Complete Video Anthology 1978-2000

    JUGEMテーマ:音楽

    スプリングスティーンのミュージック・ビデオとコンサート映像を収めたDVD2枚組。1989年にVHSで発売された時は18曲収録だったが、この2枚組は収録時期を2000年まで伸ばして全33曲分、165分にボリュームアップ。オープニングは「Rosalita」の78年ライヴ映像。ロック評論家ジョン・ランドーは1974年にライヴを観て、「私はロックン・ロールの未来を観た。その名はブルース・スプリングスティーン」と絶賛したが、この78年ライヴでもまさにその通りだ。こんな骨太なロックン・ロール・ショウを見せられたら誰でも熱狂せずにはいられない。一方、労働者階級の悲痛な現実を歌う「The River」は一人ハープを吹いて歌うだけだが、これがまた最高にカッコイイ。髪の毛ボサボサのひげ面でスリムだったスプリングスティーンが、いきなりゆで卵のようにツルツルの顔になってディスコダンスを踊る「Dancing in the Dark」には当時驚かされたものです。でもワタシはこの曲の「You can’t start a fire without a spark」という歌詞が、分かったような分らないようだけど大好き。このビデオの最大の見ものは色々なライブ映像を繋ぎ合わせた「Born to Run」。スタジアム全体が曲に合わせてウェーヴする場面が鳥肌モノ(こういう「鳥肌」は誤用だそうだが、代わりの表現が無い)。こんなコンサートをやれるのならロック・スターは辞められないよな、と思える楽しいライブ映像で、ワタシにとって全てのロックのビデオ・クリップの中でベスト1、2を争う素晴らしさ。ちなみにワーストはジャーニーの「セパレイト・ウェイズ」だな。とにかくこの「Born to Run」は必見。★★★★★

    2019.1.25 アマゾン 輸入新品DVD2枚組 1,703円

    | ノガッチ | ディラン、スプリングスティーン | 20:53 | comments(0) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 20:53 | - | - | - |









      CALENDAR
      SMTWTFS
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ