ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< CTIオールスターズ/アット・ザ・ハリウッド・ボウル | main | V.A./EVERYBODY FUSION! 2 The Best Fusion of Warner Days >>
0
    ウィリアム・イートン/ストラグル・ベイビー

    JUGEMテーマ:音楽

    イートンは、パーカッショニストのラルフ・マクドナルドとベーシストのウィリアム・ソウターと共に70年代初めに音楽出版社を設立したコンポーザー&アレンジャー。彼らの仕事で最も有名なのはグローバー・ワシントンJr.の大ヒットアルバム『ワインライト』(80年)で、マクドナルドがプロデューサーを、イートンがアレンジャーを務め、マクドナルド&ソルターは大ヒット曲「ジャスト・ザ・トゥー・オブ・アス」を作曲している。その3人が1976年から77年にかけて揃ってファースト・ソロアルバムを制作し、これはそのうちの1枚。本作にも『ワインライト』の様なテイストを期待したのだが、全7曲中5曲が歌入りで、フュージョンというよりもソウル・アルバムだった。メンツはスティーヴ・ガッド(ds)アンソニー・ジャクソン(b)ラルフ・マクドナルド(per)エリック・ゲイル(g)ドン・グロルニック(key)リチャード・ティー(key)マイケル・ブレッカー(sax)トム・スコット(sax)に加えて、フランク・フロイドやユランダ・マッカローなどがリード・ボーカルを取る。ベストはアンソニー・ジャクソンのゴリゴリのベースに乗ってザッカリー・サンダースが歌い上げるダンサーの(2)「フレンズ・アンド・ラヴァーズ」で、マイケル・ブレッカーのソロ&オブリも素晴らしい。(3)「ジャスト・キャント・ターン・ダウン」はトム・スコットをフィーチャーしたインスト・バラードでこれまた聴き物。インストの(7)「コンジュア・ウーマン」ではトム・スコットがリリコーンで活躍する。★★★★
    2018.11.16 HMV 国内新品 750円 50%引き

    | ノガッチ | フュージョン(その他) | 20:38 | comments(0) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 20:38 | - | - | - |









      CALENDAR
      SMTWTFS
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ