ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< V.A./ジェイ・グレイドン・ワークス2 | main | ハル・ギャルパー/ワイルド・バード >>
0
    V.A./デヴィッド・フォスター・ワークス

    JUGEMテーマ:音楽

    先日紹介したジェイ・グレイドンの盟友、デヴィド・フォスターの参加曲を集めたコンピレーション・アルバム全17曲で、うち2曲は世界初CD化。選曲・解説は中田利樹。フォスターはハードなアレンジのAORで一時代を築いたkeyプレイヤー・プロデューサーで、特に1980年にグレイドンと組んだユニット、エアプレイによる『ロマンティック』はその内容と影響度において決定的大名盤。このCDでも80年代前半までの曲はサイコーで、彼の名を世の中に最も知らしめたのはボズ・スキャッグスの(4)「ジョジョ」なのではないだろうか。チャカ・カーンの(3)「スルー・ザ・ファイヤー」は当時よく耳にした名バラードだが、R&Bチャート最高15位と順位が低くてとても意外。キャロル・ベイヤー・セイガーの(15)「恋をしましょう」は78年らしい絶品だ。後には、88年カルガリー、96年アトランタ、02年ソルトレイクシティ、とオリンピックのテーマ曲を3度も書いたり、グラミー賞を15回も受賞したりで今や押しも押されぬ超大物の作曲家・プロデューサー。しかしワタシとしては、85年の映画「セント・エルモズ・ファイヤー」の主題歌(1)で打ち込み主体となって以降の楽曲はMORまたは王道売れ線ロックまたはポール・モーリア的で、あまり魅力を感じない。★★★☆

    2018.11.20 国内新品 1,836円 15%引き
     

    | ノガッチ | AOR | 20:07 | comments(0) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 20:07 | - | - | - |









      CALENDAR
      SMTWTFS
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ