レコダイ2018

ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
小熊達弥/スパイアラル・フュージョン

JUGEMテーマ:音楽

1948年生まれのエレクトーン奏者の79年デビューアルバム。ワタシは全く知らなかった人だが、「日本のジャズ」コーナーでこの中古LPのオビを見て驚いた。バックに名を連ねるのが野呂、向谷、桜井、佐々木というカシオペアのフルメンバー。録音は1979年8月3〜5日なので、カシオペアは8月後半からセカンド・アルバム「スーパー・フライト」のレコーディングに入る直前。しかしオビにはカシオペアの「カ」の字も書かれておらず、東芝EMIからの本作と違うレコード会社所属のカシオペアは契約上バンド名を名乗れなかったのだろう。演目は「サマータイム」「ミスティ」「ウォーターメロンマン」などのスタンダードだが、カシオペアの演奏はジャズファンク。野呂と向谷が主役以上に目立つ訳にもいかないので控えめな一方で、リズム・セクションが躍動する。特に桜井のアグレッシヴでファンキーなベースが印象的。ちなみにアルバム・タイトルは『SPIRAL FUSION』だが、邦題はなぜか「スパイアラル」と「ア」が入る。ワタシにとっては大変な掘り出し物のLPだが、ぜんぜんプレミアが付いていないところが寂しい。★★★★
2018.9.2 新宿ユニオン 中古LP 650円

スポンサーサイト
- | 19:46 | - | -
コメント
コメントする