ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< アル・ディ・メオラ/スプレンディド・ホテル | main | 奥本亮/Solid Gold >>
0
    V.A. / Light Mellow SEALINE

    JUGEMテーマ:音楽

    金澤寿和監修によるAOR廉価版シリーズ『AOR CITY 2017』のサンプラー的な3枚組コンピレーション。全57曲とボリュームたっぷり。前作「ONE DAY」と同様にSONYの音源だけでなく他社音源も収録しているのが素晴らしい。ディスク毎に統一したイメージに基づく選曲がされており、それぞれ「夏の陽射しを受けながら、風を切ってシーサイドをドライヴ」「暑すぎる午後は涼しい木陰に逃げ込んで、暮れなずむ夕陽を迎える」「遠くの港に光が灯る頃には、潮風を受けつつビーチ・サイドでランデヴー」と、紹介していてこっ恥ずかしくなる設定だが、まあこれがAORってもんです。ボズ・スキャッグス、ボビー・コールドウェル、マイケル・フランクス、クリストファー・クロスといった大御所の名曲も収録されているが、ここでは彼ら以外の良い曲を列挙します。ポコ「コール・イット・ラヴ」、アメリカ「ヴェンチュラ・ハイウェイ」、リー・リトナー「可愛いアイシャ」、ポール・デイヴィス「65ラヴ・アフェアー」、ジノ・クニコ「ファニー」、ピーター・アレン「サムバディズ・ガット・ユア・ラヴ」、アンジェラ・ボフィルwithボズ・スキャッグス「エイント・ナッシング・ライク・ザ・リアル・シング」、デイン・ドナヒュー「突然の出来事」、ビル・チャンプリン「アイ・ドント・ウォント・ユー」、レイ・パーカーJr.「ふたりのラヴ・アフェア」、マリーンwithシーウィンド「サマー・ナイト」。こういった名前にピピッと感じるものがあったらこのCDを手にしてみたらいかがでしょうか。ジャケイラストは永井博。★★★★★

    2018.7.4 HMV 国内新品3枚組 2,240円 25%引き

    | ノガッチ | AOR | 20:05 | comments(0) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 20:05 | - | - | - |









      CALENDAR
      SMTWTFS
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ