レコダイ2018

ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ジョージ・ベンソン/GBコレクション

JUGEMテーマ:音楽

1968年〜81年のCTI、ワーナー、とレーベルの枠を越えたベスト16曲。このベスト盤の価値はこのアルバムでしか聴けない(と思う)ジェイ・グレイドンがプロデュースした(1)「ターン・ユア・ラヴ」と(4)「ネヴァー・ギヴ・アップ」の2曲で、前者はR&Bチャート1位、ポップ5位のヒット。後者もリズムのキレも素晴らしいポップな名曲だ。デユエット曲では、(2)「想い出の旅路」が先日他界したクイーン・オブ・ソウル、アレサ・フランクリンとのポップ・バラード、(14)「ムーディーズ・ムード」はパティ・オースティンとのジャズ、(15)「ウィ・ガッタ・ザ・ラヴ」はチャカ・カーンとのファンク。1976年にポップチャートで1位を飾りフュージョン音楽の幕開けを告げたアルバム「ブリージン」からは表題曲(13)とベンソンのボーカリストとしての実力を知らしめた(7)「マスカレード」をキッチリ収録。80年には御大クインシー・ジョーンズをプロデューサー迎えてブラコンに踏み出した(3)「ギヴ・ミー・ザ・ナイト」がR&Bチャート1位。ワタシが一番好きなのはファンクバンドLTDの(8)「愛のバラード」で、原曲はスローバラードだが、ここではテンポを上げて最高のフィリーダンサーに仕上がっている。そして最後はホイットニー・ヒューストンのカバー・バージョンで有名な(16)「愛は偉大なもの(The Greatest Love Of All)」。ワタシにとってこの曲は聴くたびに泣ける世界最強のバラード曲でありまして、バンドをバックに自分で熱唱することが夢です!

CTI時代の曲はベンソンのギタリストとしての実力を示すものではあるものの、ワーナー時代と曲調があまりに違うので別のベスト盤にした方が良かったかな。★★★★

2018.5.23 芽瑠璃堂 国内新品 1,041円 26%引き

スポンサーサイト
- | 23:57 | - | -
コメント
コメントする