レコダイ2018

ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
V.A. / Aloha Got Soul - Soul, AOR & Disco in Hawai'i 1979-1985

JUGEMテーマ:音楽

1979〜85年のハワイ産AORやディスコなどのフリーソウル度の高い楽曲16曲を集めたCDで「Aloha Got Soul」というタイトルとジャケ写真がイカしてる。テンダーリーフの(1)「Countryside Beauty」はブリーズ感の高いハワイAORの傑作。テンダーリーフは同名のアルバムを残しており、そちらもフリーソウル〜AORファンならば必聴の名盤だ。当時ワイキキのトップアクトだったという10人編成の大型ファンクバンド、オーラの(2)「Yesterday's Love」はパンチの効いた女性ボーカルとホーン・セクションがバリバリと活躍する、まるでタワー・オブ・パワーのメロウ・チューンのようで、彼らの単独アルバムを聴いてみたくなった。(10)「Sparkle」はなんと、あの達郎の名曲!日系人を中心としたグリーンウッドというグループが英詞で歌う。出来は達郎のオリジナルに遠く及ばないが、まあハワイでこんなカバーバージョンが生まれていたという話のネタに。ロックウェル・フキノによる(16)「Coast to Coast」はハワイらしい爽やかなギター・フュージョンの佳曲。
ちなみにCDの副題にある「Hawai'i」という表記をワタシは初めて見たが、これがハワイ現地における元々の表記方法だそう。ただし英語としては「Hawai'i」「Hawaii」のどちらも認められており、ネットで調べたらハワイ大学は「University of Hawai'i」、ハワイ銀行は「Bank of Hawaii」となっていた。★★★★
2018.6.3 アマゾン・マーケットプレイス 輸入新品 1,008円

スポンサーサイト
- | 22:07 | - | -
コメント
コメントする