ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< BFD/same | main | 笹路正徳/ホット・テイスト・ジャム、ヘルター・スケルター >>
0
    チープ・トリック/ グレイテスト・ヒッツ〜ジャパニーズ・シングル・コレクション

    JUGEMテーマ:音楽

    まずは商品説明を。『Blu-SpecCD2仕様のDISC1には、EPIC在籍時(1977〜1990年)に日本で発売された全シングル曲を発売順にUSオリジナル・シングル・ヴァージョン×2017年DSDマスタリング音源で収録。DISC2のDVDには彼らがEPIC期に発表したミュージック・ビデオ(@武道館のクリップも含む)を全曲収録。しかもそのほとんどが日本初DVD化!カラー56Pブックレットには全シングル盤ジャケットを12cm CDジャケットサイズで再現して掲載。』という楽しげなCD+DVDセットが定価3,000円とオトク感大だったので予約までして購入した。
    3枚のアルバムを出してもヒットが出なかった彼らだが、78年に日本のみで発売された『at武道館』がアメリカで輸入盤として評判を呼び、翌年に本国でも発売されると全米4位の彼ら最大のヒットアルバムとなった。まさにその79年の夏にワタシの高校はサンフランシスコから短期留学生を迎えており、その彼女が言うには『at武道館』の「甘い罠」で「Didn't I see you cryin'」というサビのフレーズに対して黄色い歓声が「cryin', cryin', cryin'」とレスポンスするところが最高だとのことで、オリジナルである日本盤LPをゲットして大変喜んでいた。ワタシが思うに、当時はアイドル的な日本人のポップロックグループがいなかったから、ティーンエイジャーの歓声が会場を埋め尽くすこのような外タレの『ライヴ・イン・ジャパン』アルバムが成立したわけで、J-POPが発展した今ではこのようなアルバムは二度と現れないだろう。それだけに『at武道館』は日本のいち時代の記録としても価値が高いアルバムだと思う。つい『at武道館』の話ばかりになってしまったが、このCD+DVDセットはポップな曲満載でもちろんオススメ。ロビン・ザンダーってホント、いいボーカリストだなあ。★★★★★
    2018.4.4 アマゾン 国内新品CD+DVD 2,427円 19%引き

    | ノガッチ | ロック | 23:19 | comments(0) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 23:19 | - | - | - |









      CALENDAR
      SMTWTFS
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << December 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ