レコダイ2018

ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
Char / 20th Anniversary Electric Guitar Concert

mokJUGEMテーマ:音楽

1996年11月15日、日本武道館で行われたCharのデビュー20周年記念ライヴのDVD。コンサートの24曲にボーナス・トラックとしてPsychedelixによる「Smoky」のビデオクリップとコンサート告知のTVCMを収録したボリューム満点な155分。メンバーはポール・ジャクソン(b)、ジム・コウプリー(ds)、小島良喜(key)にゲストで西慎嗣(g)とビッグ・ホーンズ・ビー(horns)。あの元ヘッドハンターズのポール・ジャクソンが日本に移住したおかげでこんな顔合わせが実現して最高だ。見どころは沢山あるが、まずはデビュー・アルバムから名曲(4)「空模様のかげんが悪くなる前に」が演奏されたのがウレシイ。(6)「All Around Me」は今まで聞き逃していたがAORの名曲。歌謡ロック時代からも(7)「逆光線」を演ってくれた。(10)「気絶するほど悩ましい」と(11)「籠の鳥」は西とのアコースティック・デュオで。(13)「So Much In Love」はクラプトンの「ワンダフル・トゥナイト」の向こうを張ったかのような甘いバラード。アンコールの1曲目はデビュー曲の「Navy Blue」。(24)「Wondering Again」では珍しくゴールドトップのレスポールを弾く。「営業に頼まれたんで」と言って始める歌謡ロック時代の(25)「闘牛士」だが、やっぱりカッコイイ名曲だ。オーラスはなんとオープニングと同じ「Smoky」だが5管のホーン・セクションが入ってダイナミックな演奏だ。改めて認識するのはCharのソングライターとしての才能で、70年代に日本人でこんな洗練されたロックの曲を書く人はいなかった。★★★★★
2018.3.21 アマゾン 新品DVD 3,734円 28%引き

スポンサーサイト
- | 22:37 | - | -
コメント
コメントする