レコダイ2018

ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
U.K. / same

JUGEMテーマ:音楽

ジョン・ウェットン(b,vo)、ビル・ブラッフォード(ds)、エディ・ジョブソン(key,vln)、アラン・ホールズワース(g)という強力なメンバーによる夢のプログレ・バンドの1978年デビュー作。ギターソロやドラミングなどにカッコイイところもあるのだが、アルバムとしてはどうも面白みに欠ける。それは曲がバラバラなパーツのツギハギなことと、ボーカルのメロディーラインが古臭いから。そもそもジョン・ウェットンのボーカルというのが70年代前半的でここでは既に前時代的に感じられる(ウェットンが1982年に結成したエイジアに至っては完全にプログレのオールディーズだった)。ボーカル無しで全編インストだったらもっと良かっただろうに、という思いは翌年にブラッフォードがホールズワースと結成したバンド『ブラッフォード』の大名盤『ワン・オブ・ア・カインド』で叶えられる。★★★☆
2018.3.25 渋谷ユニオン 中古紙ジャケ 1,404円

スポンサーサイト
- | 22:34 | - | -
コメント
コメントする