ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< V.A./シカゴ・ブルース・ダウンホーマーズ Vol.2〜ザ・JOB・レコーディングス1950's | main | 2017年を総括する! >>
0
    ブライアン・ウィルソン/オン・ツアー

    85JUGEMテーマ:音楽

    タワーオンラインの【<タワレコより愛をこめて>空前絶後!衝撃の原価割れセール】で購入。
    1999年から2000年にかけてのブライアンの初ソロ・ツアーを追ったライヴ&ドキュメント作品。ジェフリー・フォスケット率いる11人編成のバンドが見事な演奏とコーラス・ワークで、およそライヴで再現不可能そうだったビーチ・ボーイズの曲を再現する。インタビューにはニール・ヤング、ピート・タウンゼント、シェリル・クロウらが登場する。ニールとピートがブライアンを真の天才と絶賛するが、彼らのやっている音楽とはタイブが違うので意外だった。2000年6月の「ソングライターの殿堂」授与式でプレゼンターのポール・マッカートニーがブライアンを賞賛し、二人が抱き合うシーンは涙モノ。ニール主催のブリッジ・スクール・ベネフィット・コンサートではニールがオルガンとギターで、シェリル・クロウがコーラスで参加し、ロジャー・ダルトリーの姿も見える。日本ツアーでブライアンが浅草や大阪を散策する様子も映っている。初めてツアーに出る前はブライアンは吐きそうになるほどビビッていたが、ツアーの成功を通じて自信を深め前向きになったという。85分を飽かずにあっという間に見てしまうが、ブライアンがいくらステージ上でひょうきんに振舞おうとも、その目は決して笑うことがなく、表情も変わらないのが気がかり。★★★★
    2017.12.10 タワーオンライン 国内新品DVD 508円 90%引き

    | ノガッチ | ポップ・オールディーズ | 19:05 | comments(0) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 19:05 | - | - | - |









      CALENDAR
      SMTWTFS
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ