RSS | ATOM | SEARCH
キング・クリムゾン/暗黒の世界+5

JUGEMテーマ:音楽

1974年発表。前作『太陽と戦慄』のメンバーからジェイミー・ミューア(per)が脱退しg、b、ds、vlnのカルテットになった。多くの曲はライヴ録音のフリー・インプロヴィゼイション、またはそれとスタジオ録音を組み合わせたもの。(3)「隠し事」、(6)「詭弁家」、表題曲の(7)でのインプロは正直キツイ。一方、(4)「夜を支配する人」はフリップのソロが感傷的で美しく、(5)「トリオ」は何の衒いも無い美しい夕暮れ時のような曲。(8)「突破口」が本アルバムのハイライトで、静と動のバランスが見事な(2)「人々の嘆き」も名曲。ボートラはインプロなど5曲だが、そのうち(13)「ガッツ・オン・マイ・サイド」が面白く、これはクリムゾンとは思えないシンプルでストレートなロックで、ライブで演奏されたのもこのテイクが唯一だそうだ。★★★★
2017.4.1 新宿ユニオン 新品紙ジャケHQCD 2,000円 31%引き

author:ノガッチ, category:プログレ・ジャズロック, 22:32
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 22:32
-, -
Comment