RSS | ATOM | SEARCH
V.A./ Crossroads Revisited: Selections From The Guitar Festivals

JUGEMテーマ:音楽

クラプトンが1998年にカリブ海のアンティグア島に設立したドラッグ/アルコール依存症更生診施設クロスロード・センターの為のチャリティ・フェスティヴァル「クロスロード・ギター・フェスティヴァル」は1999年に始まり2004、07、10、13年と計5回開催されていて、これは2回目以降から選曲された全40曲の3CDセット。出演はジェフ・ベック、サンタナ、BBキング、バディ・ガイ、ロバート・クレイ、シェリル・クロウ、テデスキ・トラックス・バンド、などなど。内ジャケに掲載されたステージ写真にはなんと18人ものギタリストが勢ぞろいしているほどだから出演ギタリストの名前を挙げたら切りがない。ベストトラックはクラプトンがカバーしたジョージ・ハリソンの名曲「Isn't It A Pity」で泣きまくるデレク・トラックスのスライドが圧巻。ワタシが全く知らなかった黒人アーティストのGary Clark Jr.の「Please Come Home」はファルセット・ボーカルのメロウ・ソウルと激情のギターソロの組み合わせに感激した。ロバート・クレイは過去の人というイメージだったが「Poor Johnny」でメッチャ現役としてイケてることを知った。クラプトンが参加する曲と参加しない曲があるが、前者ではサンタナと共演した「Drums Of Passion」でECがサンタナ的なギターを弾くのが面白い。後者では「I Shot The Sheriff」のソロが鬼気迫る凄さ。コスパの良いCDだけど同フェスはDVDも出ているので映像版の廉価ベストだったらもっと良かったな。★★★★

2017.3.11 アマゾン 輸入新品3枚組 1,530円

author:ノガッチ, category:3大ギタリスト, 23:21
comments(1), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:21
-, -
Comment

どおーーーーーーーーーーーーーーーーん

さすがは、我が局長。
本盤を、「音」のみの本盤を、お買い上げになられましたかっ!?あっぱれなり!!

映像盤がゲップが出るほど大量に出回り、WOWOWどころかNHKでもクリ返し放送されてきたクロフェス。
どれを観ても、どこから観ても、ギター好きにはタマらないシーンがマン載なのですが、如何せん、出演者が多すぎ・長すぎ・EC出すぎで、DVD(ブルーレイ)を入手した時点で観たつもりになって、実は全然観てない。まったく観てない。

というように、彼の箱男師匠の名言「BOXは買ったら終わり」同様、「DVDも買ったら終わり」を絵に描いたような本シリーズですが、やはり局長は違いマス。音源のみの本盤を購入されて、演奏も聴く。演奏のみを聴く。

最近では、ライブ盤と言えばCD&DVDの双方が(時間差で)売られるのが当たり前になっており、視覚に惑わされやすい私としては、映像盤だけ持っていれば充分と思っておりました。ところが、その点を局長様に申し上げたところ、モノの見事に一喝されました。

「甘いわっ!それでは、映像に気を取られて、演奏をちゃんと聴かなくなるではないかっ!!ライブの本質は、演奏だ!!!」

けだし名言。
私も局長を見習って、本盤の「音」のみをじっクリ聴きたいと思いマス。

ちなみに、このクロフェス・シリーズにおけるEC先生。主催者でありリラックスされるのは結構ですが、ステージで短パンにサンダル(クロックス)姿というのは、いくら何でもリラックスし過ぎです。リゾートホテルにバカンスに来たついでに出てきた感丸出しで、観ているこちらもついついダラけてしまいマス。その意味からも、「音」のみの本盤を聴く必要が、マスマスありマス。

しかも、一枚単価500円という、チャーリーパットンBOXにも匹敵するコスパの良さ。早速アマゾンを(仕事中に)チェックしたいと思いマス。

豊田 真由男, 2017/06/26 12:07 PM