RSS | ATOM | SEARCH
日野皓正/ピラミッド

JUGEMテーマ:音楽

ヒノテルの82年ニューヨーク録音。ケニー・カークランドkey、トム・バーニーb、ルー・ヴォルピーg、リッチー・モラレスds、マノロ・バドレーナperというその後大物になっていく若手がバックアップ。ファンキーな曲はアグレッシヴで、スローな曲はポップソングのようにストレートにメロディアスで、良質な曲が揃っている(痙攣的なファンクの(7)を除く)。表題曲は三々七拍子を取り入れたと紹介されているのでどんなキワモノかと思ったらチョッパーがバシバシの強力なファンクだった。ベストは日野とカークランドが共作したメロウ・ソウルな(3)「シンク・アバウト・イット」。ラスト(8)「アルカディア」でのflhとpのデュオも衒いが無く美しい。ジャケデザインはショボイが内容は充実のニューヨーク・フュージョン。★★★★
2017.1.10 アマゾン 国内新品 982円 9%引き

author:ノガッチ, category:J-FUSION, 17:40
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 17:40
-, -
Comment