RSS | ATOM | SEARCH
坂元輝トリオ/海を見ていたジョニー

JUGEMテーマ:音楽

坂元輝(p)根市タカオ(b)渡辺毅(ds)のトリオによる昭和55年10月13日、陸前高田市のジャズ喫茶「ジョニー」でのライブ録音で、その店のレーベル「ジョニーズ・ディスク・レコード」がリリースする5枚目のアルバムとなった。店名は五木寛之の小説「海を見ていたジョニー」からで、「日本で唯一の日本人ジャズレコード専門の店」を標榜し昭和50年にオープンした。主役の坂本輝はプレイヤーというよりもジャズピアノ講師としての活動が中心だそうで、このCDで初めて知った名前。演奏曲はスタンダードの「レフト・アローン」「マイ・フェイヴァリット・シングス」「枯葉」と原曲の名残が全くないほどにアレンジされた「夕やけ小やけ」。オーソドックスなピアノだと思うのだがあまり黒々しくなく、何とも日本的な感じがして「和ジャズ」と呼ぶのがふさわしく、ジャズ批評2006年5月「和ジャズ特集」で名盤200に選出されているそうだ。再現されたライナーには五木寛之本人が寄稿しているほか、地元企業の広告が掲載されたりして面白い。「ジョニー」は3.11で跡形もなく流されてしまったが翌年には復興し現在も営業している。★★★★
2016.11.4 アマゾン 新品紙ジャケHQCD 1,685円 35%引き

author:ノガッチ, category:J-JAZZ, 20:03
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 20:03
-, -
Comment