レコダイ2018

ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
クイーン/シアー・ハート・アタック

JUGEMテーマ:音楽

1974年発表の3rdアルバム。(2)「キラー・クイーン」と(6)「ナウ・アイム・ヒア」というポップなヒット曲こそ聴きやすいが、他は相変わらずの凝りまくった作りでよくこんな複雑なアルバムが当時日本のティーンエイジャーの間で人気を集めたものだと思う。当時中学生だったワタシはツェッペリンやパープル派でアンチ・クイーン派だったので、このアルバムの思い出としてはジャケットでフレディのボタンを外したズボンから陰毛が見えるのがスゲー、と友人と語りあっていたことくらい。★★★
なお(8)「ストーン・コールド・クレイジー」から店名を付けたロック酒場「ストーン・コールド」が五反田にあり、ここはマスターとの会話とロックと酒をゆる〜く楽しめる最高の店。その隣には、これまたくつろげるブルースバー「BLUES WITH A FEELING」もあるので五反田駅から徒歩1分のホテルロイヤルオーク1Fを訪ねてみることを是非オススメします。この二つのバーは★★★★★
2016.7.17 渋谷ユニオン 中古紙ジャケ 1,053円

スポンサーサイト
- | 23:26 | - | -
コメント
from: ノガッチ   2016/11/02 9:40 PM
忘れていません!つい、コメントするのを省略してしまいましたが「ブライトン・ロック」は津軽三味線みたいで多くの日本人に強いインパクトを残したのではないでしょうか。ワタシはアルバム単位ではアメリカ市場を意識して聴きやすくなった「ザ・ゲーム」が一番好きですね。
from: JBL   2016/11/02 6:47 AM
師匠、津軽三味線を彷彿させる「ブライトン・ロック」、アコースティックのイントロが神秘的な「テニメント・ファンスター」をお忘れではございませぬか。これは当時、新潟のツモリレコードで買いましたね。クイーンは私としてはシアーハート>オペラ座ですね。
コメントする