ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< ザ・ナック/ゲット・ザ・ナック+2 | main | マディ・ウォーターズ、ハウリング・ウルフ、ボ・ディドリー/ザ・スーパー・スーパー・ブルース・バンド+5 >>
0
    Holland-Dozier-Holland / The Complete 45s Collection

    JUGEMテーマ:音楽

    60年代モータウンでヒット曲を次々と飛ばしたソングライター・チーム、ブライアン・ホーランド、ラモン・ドジャー、エディ・ホーランドがモータウンを離れて設立したレーベル、Invictus/Hot Wax/Music Merchantが1969年から1977年にリリースした157枚のシングル音源(Invictus96枚、Hot Wax44枚、Music Marchant17枚)にテストプレスの16曲とトム・モウルトンによる未発表リミックス3曲を追加した288トラックから成る驚異の14枚組ボックスセット。
    全曲が絶品のバリノ・ブラザーズを筆頭に、デトロイト・ソウル最高のシンガー、メルヴィン・デイヴィス率いるエイス・デイ、繊細なタイ・ハンターのグラス・ハウス、グルーヴィーな100プルーフ・エイジド・イン・ソウル、ジェネラル・ジョンソンとダニー・ウッズという二人の個性的なボーカリストを擁するチェアメン・オブ・ザ・ボード、コケティッシュな歌姫フリーダ・ペイン、ジャクソン・ファイブ的な初期から大人の女性へと進化していく女性トリオのハニー・コーン、超辛口の姉御ローラ・リー、ソロ・アーティストとしても素晴らしいラモン・ドジャーやブライアン・ホーランド、トロトロにスウィートなサイレント・マジョリティやスミス・コネクション、等々をラインアップするこのレーベルがワタシは最高に好き。288曲の中からとりあえず今思いつくままに5曲に絞ってオススメすれば、Barrino Brothers/I Shall Not Be Moved、8th Day/You've Got Crawl、Freda Payne/Cherish What Is Dear To You、Lamont Dozier/Why Can't We Be Lovers、Laura Lee/Her Picture Matches Mineで、これらはどれもYouTubeで聴けるので是非聴いてみてください。しかしYouTubeでバリノ・ブラザーズを検索したら90年代前半とおぼしき「Live on stage in Japan」との写真がアップされていたが来日していただなんて全然知らなかったぞ!見たかったーーっ!60ページのブックレット付き。★★★★★
    2016.7.1 輸入新品14枚組 6,318円

    | ノガッチ | ソウル・コンピレイション | 23:15 | comments(0) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 23:15 | - | - | - |









      CALENDAR
      SMTWTFS
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ