ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< ダン・シーゲル/ロスト・イン・メモリー | main | ダニー・ハサウェイ/same+2 >>
0
    Guitar☆Man/LIVE BEST SELECTION Vol.1〜3

    JUGEMテーマ:音楽

    Guitar☆ManとはHPによると「一流ミュージシャンが、音楽活動を通じ、被災地への楽器支援や音楽活動の支援を行うチャリティープロジェクト」とのことで、このCDの売上の一部は東日本大震災の被災地に寄付されるそうだ。これは2013年2月から始まり19回に及ぶライブを収録したシリーズ3枚セット。山下達郎のベーシストとして知られる伊藤広規の元に50名以上のミュージシャンが集いロックの名曲をカバーする。参加ミュージシャンはワタシが知っている人だけでも今剛、土方隆行、鈴木茂、加納秀人、野呂一生、森園勝敏、菰口雄矢、難波弘之、笹路正徳、渡嘉敷祐一、上原’ユカリ’裕、岡井大二、菅沼孝三、そうる透、西山毅、うじきつよし、寺田恵子、金子マリなど。曲は全40曲のうちパープル5曲、ツェッペリン4曲、クラプトン3曲、ストーンズ3曲、ジミヘン、ベック、ジャニス、ヴァンヘイレン各2曲などなど。楽曲資料を受け取ってリハで1回、本番で2〜3回目の演奏での一発録音とのことで、いくら著名なミュージシャンの集合といっても即席バンドではロックの名曲が持つノリはなかなか出せておらず、ボーカルもハードロックは音程が高くて日本人には厳しい(特にイアン・ギランのボーカル曲)、というのが正直な感想。そんな中、最も印象に残ったのはスティーリー・ダンの「リーリン・イン・ザ・イヤーズ」での今剛のギターソロで、いくら絶賛してもし足りないバンザイものの素晴らしさだ。ジャケのイラストレーターが永井博、鈴木英人、わたせせいぞうというのもオヤヂ世代にはウレシく、このセットにはポストカード、ステッカー、ピックも付いて来た。まあ硬い事は言わずに、売れっ子ミュージシャンの普段見られない組み合わせを楽しんでチャリティに貢献しよう!★★★★
    2016.4.30 Guitar☆Manオフィシャルサイト 紙ジャケ新品3枚セット 4,980円

    | ノガッチ | J-ROCK・J-POP | 21:44 | comments(0) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 21:44 | - | - | - |









      CALENDAR
      SMTWTFS
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << December 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ