ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< マディ・ウォーターズ&ローリング・ストーンズ/ライヴ・アット・ザ・チェッカーボード・ランジ・シカゴ1981 | main | マイケル・シェンカー・グループ/飛翔伝説〜MSG武道館ライヴ〜完全版 >>
0
    メイナード・ファーガソン/カーニヴァル

    JUGEMテーマ:音楽

    トランペットのメイナード・ファーガソン率いるビッグ・バンドの1978年盤。選曲に節操は無く、オリジナル2曲の他は、アース・ウィンド&ファイアーの(2)「宇宙のファンタジー」、ジェリー・ラファティーの(6)「霧のベイカー街」といった録音当時のヒット曲に、映画音楽の(3)「宇宙空母ギャラクティカのテーマ」(浅草に映画を見に行って超くだらなかったという記憶あり)、さらにスタンダード・ナンバー(4)「星影のステラ」、(8)「虹の彼方に」といった具合。このアルバムの一番の注目点はドラムがウェザー・リポート加入直前のピーター・アースキンで、ウェザーの(5)「バードランド」を演っていること。オリジナルの表題曲(1)は達者なフラメンコ・ギターに始まり、ブレッカー・ブラザーズ・バンドみたいなシャープで複雑なアレンジの中、大将がハイ・トーンをヒットしまくる痛快な曲。もう1曲のオリジナル曲(7)「ハウ・ヤ・ドゥーイン・ベイビー」はコーラスの入ったファンクでこれまたブレッカーのようでカッコイイ。(4)でモーレツに高速なアルト・サックス・ソロが聴けるので誰が吹いているのかと思ったら、このCD解説書にはトランペットの5人の名前しか記載されていなかった。実際はサックス3人とトロンボーン2人もいるのだが、そういったクレジットををないがしろにするところが廉価盤の悪いところ。★★★★
    2016.5.14 HMV 国内新品 641円 41%引き

    | ノガッチ | フュージョン(管楽器) | 22:30 | comments(0) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 22:30 | - | - | - |









      CALENDAR
      SMTWTFS
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ