ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< ジョン・リー・フッカー/シングス・ブルース | main | ローラ・ニーロ/光の季節 >>
0
    V.A./ユージン・レコード・ソングブックVol.1、2
    ユージン・レコードとはシカゴを代表するソウル・ヴォーカル・グループ、シャイ・ライツのリード・シンガーにして優れたソングライターであって、レコード会社の名前ではなく人名です。そんな彼のペンによる曲を高橋道彦氏が監修し、2枚のCDに40バージョン集めた力作がソリッド・レコード(こちらは会社名)から出た。Vol.1の冒頭を飾るのはスウィング・アウト・シスター(S.O.S.)の1992年のヒット「アム・アイ・ザ・セイム・ガール」。この曲は元はバーバラ・アクリンのために書かれた曲だったが、バーバラが風邪のため歌入れを延期している内にヤング・ホルト・アンリミテッド名義のインスト「ソウルフル・ストラット」(Vol.1-18)として大ヒットしてしまったのだという。そのインスト曲をジョージ・ベンソンがカバーし、79年度グラミー賞ベスト・アレンジメント賞に輝いたバージョンがVol.2の末尾を飾る、というシャレた曲順構成。ワタシはS.O.S.の「アム・アイ〜」が好きでベスト盤を買ったし、ベンソンの「ソウルフル〜」が収録されたアルバム「インサイド・ユア・ラヴ」も繰り返し聴いたが、今の今までこれが同じ曲だとは気づきませんでした!その他の収録アーティストはシカゴ・ソウルの人達は当然ながら、ポール・ヤング、MCハマー、ジョス・ストーンといったメジャーどころに加え、ファイブ・ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマやライオネル・ハンプトンなんて名前も。ちょっと欲を言わせてもらうと。シャイ・ライツのバージョンが9曲。このCDに手を出すほどのユージン好きならばシャイ・ライツは当然に押さえているだろうから、名曲といえども外して良かったのでは。★★★★
    2015.11.17 タワーオンライン 国内新品 各1,812円 27%引き
    JUGEMテーマ:音楽
    | ノガッチ | ソウル・コンピレイション | 21:37 | comments(0) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 21:37 | - | - | - |









      CALENDAR
      SMTWTFS
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ