ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< ビル・チャンプリン/独身貴族 | main | V.A./ユージン・レコード・ソングブックVol.1、2 >>
0
    ジョン・リー・フッカー/シングス・ブルース
    鈴木啓志先生がジョン・リーの最高傑作と呼ぶ本作は48年〜50年にテキサス・スリムの変名で録音したキング時代。1988年に出た「ブルース・レコード・ガイドブック」では吾妻光良氏が「『夏には聞けない』と言われるジョン・リーのLPの中でもとびきり暑苦しい。そしてホッテストな1枚」評している。ワタシは30年くらい前にヴィヴィド・サウンドが出したこのLPのリシューを買ったのだが、1曲目「ワンダリング・ブルース」の音の悪さ、というかそれがジョン・リーのモーンとフットステップと定型無視の進行にマッチしてのド迫力にブッ飛んだ。それ以外の曲も全編その調子。吾妻さんは同書で「濃厚な密造酒といった感じだろうか」とも書いているが、まさに地下スタジオでの怪しい製造(=録音)現場が思い浮かぶよう。途中、やけにスムーズな曲があるなと思うと、それはジョン・リーのアルバムなのに間違って収録されたアール・フッカーの4曲。このCDもオリジナル盤通りにそれらの曲を収録している。国内初CD化。★★★★★
    2015.12.9 タワーオンライン 国内新品紙ジャケ 1,077円 34%引き
    JUGEMテーマ:音楽
    | ノガッチ | ブルース | 18:09 | comments(0) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 18:09 | - | - | - |









      CALENDAR
      SMTWTFS
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ