ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< デオダート/ハッピー・アワー | main | ブルーフォード/グラデュアリー・ゴーイング・トルネード >>
0
    ボビー・ウーマック/我が魂の故郷
    長年籍を置いたミニット/リバティ系列を離れ、コロンビアに移籍しての第一弾となる1976年作。アルバム・タイトルの通り、南部マッスル・ショールズに戻っての録音で、名匠フィリップ・ミッチェルの手による表題曲(1)は豪快なボビー節が最高のジャンプナンバー。この曲は70年代ソウルのベスト曲のひとつ。同じくミッチェル作の(7)「むなしき想い」も切ないメロディーのナイスなダンスナンバーで至福のひと時。前々作のアルバムはタイトルが「セイフティ・ゾーン」にもかかわらず、そのような曲は収録されていなかったが、本作には(3)「スタンディング・イン・ザ・セイフティ・ゾーン」というカッコ良いファンクが収録された。(4)「この愛に賭けた」は途中でスキャットとバッキングが絡むのが楽しいメロウなスロー。師匠サム・クックのカヴァー(8)「ア・チェンジ・イズ・ゴナ・カム」は解説書で鈴木啓志先生が絶賛しているものの、ワタシとしてはあまりに原曲に忠実で物足りなかった。カーペンターズの(9)「愛のプレリュード」は女性とのデュエットと工夫はしているのだが、ボビーに適した選曲とは思えない。★★★★
    2015.5.8 HMV 紙ジャケBSCD2 1,928円 15%引き
    JUGEMテーマ:音楽
    | ノガッチ | ソウル70年代ソロシンガー | 00:34 | comments(0) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 00:34 | - | - | - |









      CALENDAR
      SMTWTFS
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ