ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< ブルー・ミッチェル/サマー・ソフト | main | スティーヴン・ビショップ/BISH〜水色の手帖 >>
0
    ボビー・ウーマック/ゴーズ・カントリー&ウェスタン
    長い間C&Wの曲ばかりを歌ったアルバムを作ることを考えていたというボビーが、レコード会社の反対を説き伏せて実現にこぎつけた76年のアルバム。サザン・ソウルとC&Wバラードは相性が良く、弟のカーティス・ウーマック作のバラード(1)「ラスト・デイト」にしてもC&Wらしくスチール・ギターこそ入っているものの、サザン・ソウルと境界は無く、基本的に全編そんな調子だ。ケニー・オーデル作の(2)「愛の扉(Behind Closed Doos)」は多くのソウル・シンガーによる歌われているが、ここでのボビーはサラッと歌っており、ワタシはリトル・ミルトンの「Blues'n Soul」でのバージョンが馴染み深い。(7)「ソング・オブ・ザ・モッキンバード」、オーデル作の(10)「愛を我が家に」も素晴らしいカントリー・ソウル・バラードだ。★★★☆
    2015.8.16 HMV 国内新品 922円 29%引き
    JUGEMテーマ:音楽
    | ノガッチ | ソウル70年代ソロシンガー | 22:21 | comments(0) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 22:21 | - | - | - |









      CALENDAR
      SMTWTFS
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ