ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< レヴォン・ヘルム/&RCOオールスターズ、II+1 | main | Dan Penn & Spooner Oldham / The Complete Duo Recordings >>
0
    押尾コータロー/PANDORA
    去る7月5日に我が家から徒歩5分の五反田ゆうぽうと(現在は取り壊しのため閉館になってしまった)でFUSION FESTIVAL in TOKYO Vol.2が開催され、チケットがネットで安く入手できたので行ってみた。出演はカシオペア3rd、NANIWA EXPRESS、鈴木茂 ×村上”ポンタ”秀一×後藤次利×佐藤準、押尾コータロー、小林香織、と豪華だが、フュージョン人気や今いずこ、満席にはなっていなかった。ワタシとしては神保と東原とポンタという最も好きな3大ドラマーが一度に見られる!3者競演してくれないかな〜、と期待したがそれは叶わなかった。そのコンサートで感じた3点。
    .シオペア3rdは新しいkeyを迎えたラインナップで、ワタシ的にはすっかり過去のバンドだったが、いざ「ASAYAKE」や「ミッドナイト・ランデヴー」を演奏されるとモーレツに盛り上がる。カシオペアをあなどるべからず、と認識した。
    NANIWAで東原のドラムの音量は圧倒的にデカく、そのパワーの程は分かったが、ウルサかった。
    2“はアコギ一本ながらその音色は深く、迫力があった。
    というわけで、押尾が「ASAYAKE」にインスピレーションを得て書いたという(2)「彼方へ」がエラくかっこよかったので、コンサート会場でその曲が入ったCDを買った。むーーー。その(2)や(9)「Legend」のようなワイルドな曲はカッコイイが、アルバム通してアコギ一本だとどうしてもBGM的になってしまうなあ。特にカワイイ系のメロディーの曲はイケない。バンド演奏で聴いてみたいものだ。
    ★★☆ 2015.7.5 五反田ゆうぽうと 国内新品 3,200円 定価
    JUGEMテーマ:音楽
    | ノガッチ | その他 | 00:49 | comments(0) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 00:49 | - | - | - |









      CALENDAR
      SMTWTFS
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ