レコダイ2018

ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
山本剛トリオ/ミッドナイト・シュガー、ライヴ・アット・ミスティ

74年3月録音、山本がもうすぐ26歳という時のデビュー・アルバム。そのA面1曲目の表題曲はいきなり12分に及ぶオリジナルのブルース。後年のまるで黒人のようなブルース臭さ(「臭さ」といっても良い意味です)はまだ感じられないが、歌心は十分でインパクトは十分。5曲中4曲がスロー〜ミディアムだが、歌心があるので飽きが来ない。

今年3月、山本剛トリオは生まれ故郷の佐渡で2回目の凱旋公演を行ったが、そのプロモーターだったワタシの幼なじみイノマンからメンバーのサイン入り「ライヴ・アット・ミスティ」を頂戴した。ありがとうございます。山本がハウス・ピアニストだった六本木のクラブ「ミスティ」での74年クリスマスライヴ盤で、1曲目の「スウィート・ジョージア・ブラウン」からしてウキウキするような躍動感、期待感にあふれる。(3)でのベースのアルコソロにはちょっと引いてしまったが。最後は「モーニン」という大有名曲で締めてくれるのもワタシのようなジャズのシロートには親しみやすい。

「ミッドナイト〜」★★★★ 2014.6.10 HMV 新品紙ジャケBSCD 2,295円 15%引き

「ライヴ〜」★★★★★ 2014.8.16 イノマンより頂戴 新品紙ジャケBSCDサイン入り 

JUGEMテーマ:音楽
スポンサーサイト
- | 22:13 | - | -
コメント
from: イノマン   2014/10/03 7:04 PM
ご紹介ありがとうございます。渡米前の「ライヴ・アット・ミスティ」が最高です。1曲目の「スウィート・ジョージア・ブラウン」同感です!愛聴盤の1枚です!
コメントする