ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< ザ・トピックス/ウォンテッド・ライヴ・バイ・ア・ミリオン・ガールズ | main | 山本剛トリオ/ミッドナイト・シュガー、ライヴ・アット・ミスティ >>
0
    クロスビー、スティルス&ナッシュ/same

    1969年、CS&Nのデビュー盤はアルバム・チャート6位まで上がり、グラミー賞の最優秀新人賞も獲得した。後追いでこのアルバムを聴いたワタシは正直言ってここで聴かれるハーモニーが当時どれほど革新的だったのかはよく分からない。しかしそんな歴史的な意義を知らなくても、曲とハーモニーの良さは誰にでも分かる。何といってもデビューアルバムのA面1曲目なのに7分24秒もあって、そのくせアコースティック楽器とハーモニーだけで異様な緊張感を維持する「組曲:青い眼のジュディ」がスティルスらしい名曲。ナッシュ作の(2)「マラケシュ行急行」はとってもポップだが、続くクロスビー作の(3)「グウィニヴィア」は静謐、という具合にこの振れ幅がCS&Nの魅力か。(4)「泣くことはないよ」と(8)「どうにもならない望み」は3人で歌ったところそのハーモニーが素晴らしく、CS&Nとして活動するきっかけになった曲。(6)「木の船」は後にスティルスのエレキギターが活躍する佳曲だが、解説書を読んでジャクソン・ブラウンの「フォー・エヴリマン」がこの曲へのアンチソングだと初めて知った。クロスビー作の(9)「ロング・タイム・ゴーン」はウッドストック的でイイ。ラストの(10)「49のバイ・バイズ」は後のウェスト・コースト・ロックに直結する最高のポップ曲。★★★★★

    2014.5.31 渋谷ユニオン 新品紙ジャケSHMCD 2,000円 22%引き

    JUGEMテーマ:音楽
    | ノガッチ | ウェストコーストロック | 23:02 | comments(0) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 23:02 | - | - | - |









      CALENDAR
      SMTWTFS
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ