ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< Bettye Swann / The Complete Atlantic Recordings | main | Joe Walsh / Analog Man >>
0
    スタッフ/same

    スタッフの紙ジャケが再プレスされた。ジョージ・ベンソン「ブリージン」やラリー・カールトン「夜の彷徨」の紙ジャケはいつまでも残っていたのに対し、スタッフのこのファーストが瞬間蒸発したのは意外だった。というのも本作はベンソンやカールトンのようなギターヒーローのアルバムではなく、あくまでグルーヴ主体、という意味で「地味」なアルバムだからだ。同じようなメンツでのレコーディングは数えきれないほどあるが、クリード・テイラーがプロデュースした諸作には無かった洗練さをトミー・リピューマがもたらしたことが、本作をフュージョンの歴史上の重要作としており、それはベンソンの「ブリージン」も同様だ。ちなみにバンド名は彼らがスタジオミュージシャンの集まりだからSTAFFかと思いきやそうではなくて「ブツ」という意味の「STUFF」だ。オリジナルオビ再現での紙ジャケ化を期待するのはフュージョンで残るは初期のリトナー、ジョン・トロペイ、ワー・ワー・ワトソンあたりかな。★★★★★

    2014.2.12 HMV 新品紙ジャケ 2,600円

    JUGEMテーマ:音楽
    | ノガッチ | フュージョン(グループ) | 00:09 | comments(0) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 00:09 | - | - | - |









      CALENDAR
      SMTWTFS
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ