ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< ザ・フー/フェイス・ダンス+5 | main | Eddie Hinton / Very Extremely Dangerous >>
0
    ジョージ・デューク/ブラジリアン・ラヴ・アフェアー

    2013年8月に亡くなったデュークの追悼盤としてエピック時代の9作が紙ジャケ、Blu-spec CD2仕様で発売された。これはリオでミルトン・ナシメント、アイアート、フローラ・プリムなどのブラジル人ミュージシャンを迎えて録音したブラジリアン・フュージョンを押し出した79年作。と言うものの半分近くの曲はバイロン・ミラーb、リッキー・ローソンdsなどによるLA録音。しかし録音場所に関係無く、全体的にはブラジル・テイストで統一されている。ベストは疾走感あふれる硬質なインスト(6)「シュガー・ローフ・マウンテン」。(8)「リオの嵐」は、これこそブラジリアン・ハード・フュージョン。本作に限らずデュークのアルバムの評価の分かれ目は彼のボーカル(すぐ歌いたがる)をどう思うかではないだろうか。ボートラ2曲収録。★★★★

    2014.2.12 HMV 新品紙ジャケBlu-spec CD2 2,205円 定価

    JUGEMテーマ:音楽
    | ノガッチ | フュージョン(キーボード) | 23:18 | comments(1) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 23:18 | - | - | - |
      >評価の分かれ目は彼のボーカル
      そうです、その通り! ... で私は苦手です。特に「愛の歌系」はまったくダメです。
      | tobi | 2014/07/08 10:57 AM |









      CALENDAR
      SMTWTFS
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ