ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< カクタス/セカンド・アルバム、リストリクションズ | main | V.A./ディス・イズ・リアル!〜ケント・モダン・ディープ・ソウル・トレジャーズ >>
0
    ザ・バンド/ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク

    SHMCDではない04年発売の旧規格盤でボートラを9曲も収録。ザ・バンドの68年デビュー盤はRolling Stone誌の「500 Greatest Albums of All Time」で34位にランクされた傑作でありロック史上の重要作のひとつ。全曲捨て曲無しのうえに、(5)「ザ・ウェイト」と(11)「アイ・シャル・ビー・リリースト」という2曲の決定的な名曲があるのだから強い。「ザ・ウェイト」の歌詞は難解と言われるが、確かに対訳を読んでも何を歌っているのかわからへん。内ジャケに掲載された写真に写るメンバーはオッサンにしか見えないが、ガース・ハドソンこそ30歳を超えているものの他のメンバーは20代後半。その若さでこのコク味を出しているのは驚異的。昨日の日経新聞夕刊の短期連載コラムに、井波律子 国際日本文化研究センター教授(1944年生まれ)が、ロックが無性に好きでザ・バンドのアルバムを偏愛し、長い間ほとんど毎日聞きつづけた、と書いているが、中国文学の専門家とザ・バンドという取り合わせのギャップが面白かった。★★★★★

    2014.1.11 FlapNotes 中古紙ジャケ 850円

    JUGEMテーマ:音楽
    | ノガッチ | ルーツ・ロック | 22:20 | comments(2) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 22:20 | - | - | - |
      カレーは煮込めば煮込むほど味が良くなる。加齢は昔好きでは無かった音楽を好きに変えてくれる。私的にはこのアルバムはまさにその代表たるアルバムだ。輸入ものではあるがLPとしても所有している。JBLD130の入ったバックロードで聴くと一日の疲れが癒される。ツイーターはもちろんJBLの名機075だ。アンプは敢えてサンスイのCA3000を入れたセパレートをチョイスしたい。オーディオ全盛の粋な話である。
      | JBL | 2014/04/29 3:06 PM |
      個人的にはリチャードマニュエルのIn A Stationがベストトラック。
      何回聴いても泣けます。
      クラプトンはマニュエルは天才だと言ってました、
      改めてその死が惜しまれます。しかも自殺ってねえ。。
      | 箱男 | 2014/04/25 12:10 AM |









      CALENDAR
      SMTWTFS
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ