ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< マイク・マイニエリ/ワンダーラスト | main | ザ・バンド/南十字星 >>
0
    ザ・バンド/ステージ・フライト

    70年発表のサードアルバム。前2作に比べると本作と次作「カフーツ」は評価が低いが、それは前2作が名盤中の名盤だからで、本作も決して悪くは無いどころか、すごく良い。ただ(1)のヤケにドタバタしたロックンロールにはドン引きしたが、それもそのはずレヴォン・ヘルムがギターを弾き、リチャード・マニュエルがドラムを叩いての一発録りだというから、この曲は聞き流すとして、マニュエルが歌う(2)「スリーピング」でいきなり泣ける。(3)「タイム・トゥ・キル」は本作から唯一のシングルカット曲(77位)。(4)「ジャスト・アナザー・ホイッスル・ストップ」でのヘルムの思いっきりレッドネックな歌いぶりが何ともイイ。(6)「ザ・シェイプ・アイム・イン」はワタシとしてはディランとのライヴ盤「偉大なる復活」で良く聴いた曲で、彼ららしい推進力にあふれたロックンロール。(7)「W.S.ウォルコット・メディシン・ショー」、(8)「ダニエル・アンド・ザ・セイクリッド・ハープ」、(10)「うわさ(ザ・ルーマー)」はヘルム、ダンコ、マニュエルの「3人のレイ・チャールズ」によるカラミの魅力全開。そして表題曲は彼らの代表作のひとつ。ちなみに「stage fright」とは「(ステージで、人前で)あがること、緊張すること」の意。旧規格盤なので紙ジャケだが安く入手できた。★★★★☆

    2013.12.31 FlapNotes 新品紙ジャケ 1,199円 54%引き

    JUGEMテーマ:音楽
    | ノガッチ | ルーツ・ロック | 23:05 | comments(1) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 23:05 | - | - | - |
      そろそろ年度末決算ですね、楽しみにしています。2013年度は従来の年間平均単価を上回る・・・と見ていますが結果や如何に。

      ところで「レッド・ネック」とは首筋が赤くなるほどの熱唱という意味合いでしょうか?それともネイティブが使うあまりよくない意味合いでしょうか?
      | tobi | 2014/03/12 12:02 PM |









      CALENDAR
      SMTWTFS
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << December 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ