ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< レイディオ/ジャック&ジル | main | ボブ・ディラン/血の轍 >>
0
    レイディオ/ロック・オン

    レイディオの79年の2作目。前作よりもファンクもメローも曲の出来が良くなってその分純度が高まった印象だ。(1)(2)からしてレイのカッコ良いカッティングが聴ける(しかし、彼の「超絶カッティング」のベストはハービー・ハンコックの「V.S.O.P.」でのもの。前作の解説で熊谷美広氏も同じ意見を述べている)。(3)「ユー・キャント・チェンジ・ザット」はR&Bチャート3位まで上がったメロウ曲で、一聴してすぐに彼と分かるアーネル・カーマイケルのハイ・テナーは絶品だ。レイのベースが曲を引っ張る表題曲の(4)はイケイケなファンクで盛り上がる。(6)は更にファンク度が高い。前作にも「ハニー・アイム・リッチ」という曲があったが、(8)「僕はスーパースター」も同じような嫌らしいタイトルながら、曲としては(3)的な落ち着いたミディアムの佳曲。しかしこのジャケのセンスは何なんでしょうね?★★★★
    2013.11.23 FlapNotes 中古紙ジャケ 1,784円
    JUGEMテーマ:音楽
    | ノガッチ | ソウル・ブラコン | 20:05 | comments(0) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 20:05 | - | - | - |









      CALENDAR
      SMTWTFS
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << December 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ