ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< ジョニー・グリフィン/イントロデューシング・ジョニー・グリフィン | main | ジョニー・テイラー/ウォンテッド・ワン・ソウル・シンガー >>
0
    V.A./太陽に抱かれたい

    「幻の名盤解放同盟」によるミノルフォン(徳間ジャパン)編。「幻の〜」が90年代にP-Vineからリリースしたディープ歌謡曲集の中古盤はたいていプレミアがついているのだが、これはデジパックのジャケがややくたびれているものの安価だったので即買いした。ワタシは「幻の〜」のCDを3〜4枚所有しているが、どれもスゴすぎで片っ端から買っておけばよかったと後悔している(全部で25枚くらい出ているのだろうか)。ワタシがこのシリーズでとてつもない衝撃を受けたの海道はじめの「スナッキーで踊ろう」だったが、ジョニー広瀬によるこのCDのタイトル曲もスゴすぎる!曲名からは能天気なGSを予想していたのだが、ライナーノーツの「太陽のまぶしさによって犯罪に走ってしまうのも無理はない」というコメントもナットクのディストーションボーカルで、オビに書かれたとおり「日本歌謡史上にベットリ残る」曲だ。それに次ぐインパクトが、16歳の大門弓子が男に捨てられて全てを投げ打ってしまう(12)「どうだっていいわ」。下沢志郎の(7)「どかちんブルース」は「飲む・打つ・買う」の破滅的な演歌で、「昨日のあの娘は 惜しかった〜」という一節で、どれだけ惜しいシチュエーションまで行けたのかわからないが、「惜しかった」の節回しの情念のこめ方はスゴイ。GSのザ・シルビー・フォックス(13)「レッツ・ゴー・ミリタリー・ルック」は「レッツゴー・レッツゴー・レッツゴー ミリタリー・ルックでゴーゴーゴゴゴゴー」という歌詞に頭がクラクラするが、同じくシルビーの北欧GS(16)「風がさらった恋人」で恋人を追い求める「サリ〜ッ!」という絶叫はノックアウト級だ。これらのディープ歌謡を聴いてみたい人はYouTubeで「幻の名盤解放同盟」と検索すれば沢山出てきますよ。★★★★
    2013.9.16 新宿ユニオン 国内中古 1,200円
    JUGEMテーマ:音楽
    | ノガッチ | その他 | 20:30 | comments(2) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 20:30 | - | - | - |
      新年会で箱男師匠に「もっとレコダイを読んでくださいよ!」と申し上げた途端に、キッチリとコメントを書いてくださりありがとうございます!
      今後とも箱男師匠にはご指導のほどよろしくお願いします!
      | ノガッチ | 2014/01/26 9:45 PM |
      これ、シリーズが全部入ったボックスセットが出ていたよ、確か。
      ボックスセット大好きなオレも、さすがにこれは手を出さずにいたら、すぐに売り切れて値上がりしてました。
      幸い友人が入手したので全部聴くことができたけど、じゃあ自分で
      金出して買っても良かったかと聞かれると、微妙ですね。
      個人的な衝撃では、應蘭芳の「渚の歓喜」。
      これはスゴい。腰が抜けたぜ。
      | 箱男 | 2014/01/26 12:13 PM |









      CALENDAR
      SMTWTFS
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ