ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< V.A./Monterey International Pop Festival | main | ジミー・ドーキンス/オール・フォー・ビジネス >>
0
    スプリング・フィーバー/ヨアヒム・キューン

    以前からなんとなく非人間的な感じがする不気味なジャケで気になっていたこのアルバムは、東独出身のキーボード・プレイヤーによる76年ミュンヘン録音盤。メンツはフィリップ・カテリーンg、ジョン・リーb、ジェリー・ブラウンdsで(1)のみバイオリンが加わる。(2)「サンシャイン」でキューンがピロピロと弾きまくるがこれは彼のトレードマークの「マシンガン奏法」というのだそうだ。表題曲の(4)はピアノソロ。この曲もマシンガン奏法さく裂だ。(5)「モーニング」は曲名に反して全然明るくないミディアム・スローのファンク。曲名と曲調が一致しないのは(8)「カリフォルニア・ウーマン」も同様で、ビキニ姿のカリフォルニアガールが思い浮かぶような曲ではない。カテリーンのロッキッシュなギターが迫力の(7)「イコール・イーヴィル」がベストトラック。★★★
    2013.9.25 HMV 国内新品 800円 20%引き
    JUGEMテーマ:音楽
    | ノガッチ | フュージョン(キーボード) | 20:35 | comments(0) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 20:35 | - | - | - |









      CALENDAR
      SMTWTFS
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ