ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< アルバート・コリンズ/ライヴ・イン・ジャパン | main | ナチュラル・ガス/same >>
0
    Apollas / Absolutely Right!

    英KENTから出たアポラス初のCDは、ゴスペルグループ、アポロズ(Apollos)としてスタートした彼女らがアポラスに改名する前のThe Lovejoys名義の4曲とリード・シンガー、レオラ・ジャイルズのソロ4曲を含む全25曲。シングル盤しかリリースしていないため、「USブラック・ディスク・ガイド」に取り上げられることもなく、ワタシはその存在を全然知らなかったが、アシュフォード&シンプソンが書いた曲を集めたCD「The Real Thing」で(6)「Mr. Creator」を聴いて、そのパンチの効いたスタイルにいっぺんにファンになった。無茶苦茶エネルギッシュなモータウンとでも言えばよいか。CDのタイトルとなっている(1)「You're Absolutely Right」も同路線のダンスナンバーだし、(20)「Lock Me In Your Heart」はモータウン〜ガールグループのファンにはタマらない。世俗曲ながら曲調は全くゴスペルバラードの(2)「Who Would Want Me Now」におけるレオラのボーカルは圧倒的な凄さだ。彼女らはバーブラ・ストライザンドやモンキーズのツアーに同行し、TV番組にも出演し、レコーディング曲はどれもしっかりしたプロダクションなのだが、ヒット曲は生まれなかった。レコーディングは68年春が最後で、それ以後の数年は東南アジアに駐留する米軍の慰問ツアーに出ており、69年には日本にも来ている。73年、レオラはシュープリームスのオーディションを受け、新しいリード・ボーカリストになりそうだったのだが、彼女のマネージャーが過大な要求をモータウンに突き付けたためにご破算になってしまった。28ページに及ぶブックレットを読むのが大変で、購入してから紹介するまで長くかかってしまったが、今年度のレコダイ・ベスト・ソウル賞の有力候補。★★★★★
    2013.5.19 HMV 輸入新品 1,500円
    JUGEMテーマ:音楽
    | ノガッチ | ソウル60年代ボーカルグループ | 22:25 | comments(0) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 22:25 | - | - | - |









      CALENDAR
      SMTWTFS
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << December 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ