ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< Dan Greer / Beals Street Soul Man : The Sounds Of Memphis Sessions | main | G.C.Cameron / Love Songs And Other Tragedies >>
0
    ジャコ・パストリアス/アーリー・イヤーズ・レコーディングス

    ウェザー・リポート加入前の録音で音質もあまり良くないというが、レココレ2013年1月号のレビューで「かなり充実した音源集」、HMVのカスターレビューで「即座に買うべし」と書かれていたので、まあこの値段ならいいか、と買ってみた、1969〜75年の音源集。69年録音のオープニングはお馴染みの「Chicken」。この時ジャコは17歳だが音数の多いプレイが既に異彩を放っている。71年録音の(2)となるともう完全にジャコ以外の何物でも無い。同じく71年録音の(3)「ハイヤー」はスライのあの曲!この曲の4分にわたるベースソロには、ウェザーの「8:30(1979年)」に収録されたベースソロで聴かれるフレーズや和音が既に出てくる。(4)〜(7)は72年に9か月在籍したウェイン・コクラン&CCライダーズ名義で、この時にベースからフレットを引き抜いた。イアン・サリヴァン・クインテットの(8)、ピーター・グレイヴス・オーケストラの(9)〜(11)になるとジャズで、ウェザー以後のジャコに直結。は74年の(13)「コンティニューム」は、マイアミにやってきたジョー・ザヴィヌルにジャコが「オレは世界一のベーシストだ」と言って聴かせ、その傲慢な態度に好感を持っていなかったにもかかわらずザヴィヌルがブッ飛んだとして有名な歴史的音源。ラストの(15)は75年、パット・メセニー・トリオ名義でのライヴ(「Bright Size Life」と同じメンツ)。「即座に買うべし」というHMVのコメントの通りだ。★★★★☆
    2013.7.17 HMV 国内新品 892円 15%引き
    JUGEMテーマ:音楽
    | ノガッチ | フュージョン(ベース) | 22:00 | comments(1) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 22:00 | - | - | - |
      昨日久しぶりのお茶の水ユニオンで、これは無かったのですが「WOODCHUCK」の中古があったので、デビュー
      前つながりで思い切って買いましたが大失敗でした。トホホ。すぐ売ろうっと。
      | tobi | 2013/12/09 8:07 PM |









      CALENDAR
      SMTWTFS
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ