ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< Darrow Fletcher / Crossover Soul:1975-1979 LA Sessions | main | タイムレス・レジェンド/シンクロナイズド >>
0
    シェール/3614ジャクソン・ハイウェイ

    シェールといったらグレッグ・オールマンの元嫁で、お色気ムンムンなキモいだけのオバさんというイメージしかなかったが、こんなスワンプロックの名盤を69年に出していたんですね。アルバムタイトルはアラバマのマッスル・ショールズ・スタジオの住所。クラプトンが「461オーシャン・ブールバード」でクライテリア・スタジオの住所をアルバムタイトルにするよりも先に(後の)お色気ムンキモオバさんが同じことをしていたわけだ。これはマッスル・ショールズ・スタジオで最初に録音されたLPとのことで、プロデューサーにはジェリー・ウェクスラー、トム・ダウド、アリフ・マーディンとアトランティック・レコードのスリートップがそろい踏みしており、このアルバム制作には相当にリキが入っていたと思われる。シェールは声を張り上げることもなく、基本的に淡々とした歌いっぷりだが、それがバック(ジャケ写の人たち)の芳醇なサウンドと相まって素晴らしい結果につながった。ディラン「レイ・ベイビー・レイ」、ボックス・トップス「クライ・ライク・ア・ベイビー」、アレサ「ドゥ・ライト・ウーマン、ドゥ・ライト・マン」など選曲も良く、最後を締めるエディ・ヒントンg作のオリジナルバラード「セイヴ・ザ・チルドレン」も感動的。クレジットは無いがデュアン・オールマンが参加しているのでは、との観測もある。★★★★★
    2013.3.24 HMV 国内新品 1,200円 定価
    JUGEMテーマ:音楽
    | ノガッチ | ルーツ・ロック | 21:32 | comments(0) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 21:32 | - | - | - |









      CALENDAR
      SMTWTFS
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << December 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ