ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< John Mayer / Where the Light Is: Live in Los Angeles | main | チープ・トリック/チープ・トリックI+5 >>
0
    ジェフ・ベック・グループ/ベック・オラ

    第一期ジェフ・ベック・グループによる「トゥルース」に続く69年発表の2作目。ロッド・スチュアートのヴォーカルは素晴らしい!オープニングの「オール・シュック・アップ」で前作からかなりパワーアップしたと感じる。そして(2)「スパニッシュ・ブーツ」がベストトラック。これぞヘビーロックだ。ニッキー・ホプキンスが彼女に捧げたアコースティック・ピアノの(3)は美しいインストでベックはほとんど関与していないが、これはこれで良し。BBAでも演奏する(5)「プリンス」もイイ。どひゃあというほどハードな(7)「ライス・プディング」はリフの一部をジミヘンがパクったそうだ。ボートラでは8分に及ぶスローの(8)「スウィート・リトル・エンジェル」が絶品。
    前作とともにヘヴィ・ロックの幕開けを告げるとともに代表作であるのだが、音が整理できていない印象を受ける。そのことは同時期に録音されたツェッペリンのファーストやセカンドと比べると差が歴然だ。この整理されていない音こそが「ヘヴィ・ロック」らしさか。★★★★
    2012.12.31 FlapNotes 中古紙ジャケ 880円
    JUGEMテーマ:音楽
    | ノガッチ | 3大ギタリスト | 22:08 | comments(1) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 22:08 | - | - | - |
      局長!
      ベック・オラのお取り上げ、誠にありがとうございます。
      これですよ、これ。ビートルズを連想させるアップルのジャケ写真。ジャケ判断だけで勝手にビートルズだと思い込む購入者が続出し相当なセールスを記録したとか。まあ初期のジェフ・ベックの傑作には間違いの無いところでしょうが、それよりも世にアップルワールドを浸透させたビートルズはお見事ととしか言いようが無い。

      | JBL | 2013/03/18 4:35 PM |









      CALENDAR
      SMTWTFS
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << December 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ