ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< アルバート・キング/キング・オブ・ザ・ブルース・ギター | main | ミッキー・ベイカー/ザ・ワイルデスト・ギター >>
0
    ジェフ・ベック/ゼア・アンド・バック

    冒頭の3曲はベック、ヤン・ハマーkey、サイモン・フィリップスdsのトリオ編成による78年録音でハマーが全曲作曲。他の5曲はトニー・ハイマスkey、モ・フォスターb、フィリップスdsによる80年録音。フィリップスは78年時点ではまだ21歳だし、80年録音ではベックとハイマスのデュオ(8)以外の3曲をハイマスと共作しており、大した才能だ。(1)「スター・サイクル」、(7)「スペース・ブギー」といったスリル満点な曲もいいが、私はズッシリとしたファンクの(3)「ユー・ネヴァー・ノウ」が昔からタマらなく大好き。「ブロウ・バイ・ブロウ」「ワイアード」と並ぶ3部作と言えるが、解説書氏は「強烈な核となる何かが、ここには欠けている(中略)これまでの音楽性を押し広げていったり新しい音楽性を獲得することに熱意を燃やしていないような気がする」と手厳しい。解説書氏の言うとおりではあるが、だからといってスルーするにはもったいない良作。小さな文字で4ページに亘る「歴史 ジェフ・ベック1944-1980」の復刻も読み応えがあって楽しい。アルバム・タイトルの「there and back」は「往復で」という意味だが、何を示唆しているのだろうか? ★★★★☆
    2012.10.21 FlapNotes 中古紙ジャケ 960円
    JUGEMテーマ:音楽
    | ノガッチ | 3大ギタリスト | 20:50 | comments(1) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 20:50 | - | - | - |
      局長!
      ありまっせ、これ。お言葉ではございますが、ハッキリ言って今ひとつですね。ワイヤード、ライブ・ワイヤーで力尽きたんだと思います。ガクっ。
      | JBL | 2013/01/09 9:43 PM |









      CALENDAR
      SMTWTFS
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ