ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< ドウェイン・フォード/ストレンジャー・イン・パラダイス | main | Incognito/Live In London: The 30th Anniversary Concert >>
0
    Brian Eno/Ambient 1 : Music For Airports

    78年発表のアンビエント・ミュージックの第一弾。環境音楽と訳され、聞き流すこともじっくりと鑑賞することも出来る音楽としてイーノが再定義した。実際その通りの音楽で、ピアノを中心とした静謐なサウンドは寝る時のBGMに最適な一方、じっくり聴いても面白い。空港でBGMとして流れることを想定して作られたこのCDは、イメージ的にはヨーロッパの空港にピッタリ合いそうでオシャレですらある。同趣向のアルバムは4〜5枚出ていてワタシは律儀にほとんどを揃えているが、このアルバムが一番好き。なお裏ジャケには記号による楽譜のようなものが掲載されているが、このデザインがいかしていて、イーノの才人ぶりが感じられる。★★★★★
    2012.2.18 輸入新品 HMV 800円
    JUGEMテーマ:音楽
    | ノガッチ | その他 | 19:54 | comments(3) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 19:54 | - | - | - |
      これ、実際にドイツだかの空港で使われたらしいよ。
      ピアノはロバートワイアットだす。

      我が家にあるアナログ盤、初期のcCDともにヒスノイズがひどいんだけど、リマスター盤では改善されているのでしょうか。
      当時のLPはあまりオススメできません。
      | 箱男 | 2012/06/16 11:28 PM |
      これも買おう買おうと思いつつ、今日まで未経験です。師匠のコメントを拝読し決心しました。今週末ユニオンでLPを購入します。
      | MATSUZAWA | 2012/06/12 6:43 PM |
      むっちゃお久しぶりです!ブライアン・イーノ!環境音楽!懐かしすぎる〜!久しぶりに聴いてみたくなりました。
      | アサ・クランクりん | 2012/06/11 9:25 PM |









      CALENDAR
      SMTWTFS
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ