ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< エアロスミス/ビッグ・ワンズ | main | Buddy Rich / The Roar Of '74 >>
0
    Herbie Hancock / Secrets
    JUGEMテーマ:音楽

    ベニー・モウピンsax、ワー・ワー・ワトスンg、レイ・パーカーg、ポール・ジャクソンb、と最強のメンバーが揃っていたハンコックグループの76年作。1曲目はワトスンの強烈なカッティングで始まる。しかし、アマゾンの書き込みによると、このカッコいいカッティングの最初のワンフレーズがCDでは収録されていないのだという。そりゃないぜセニョール。確かにヘッドホンで聴くと不自然にフェイドインしているのがわかる。(5)「Gentle Thoughts」はリトナーのバンド名になった曲で、この曲だけはとてもポップ。最後の「Sansho Shima」はそれまで抑えていたハンコックが爆発的なソロを弾く。ファンクフュージョンの名盤。★★★★★
    2011.5.28 渋谷ユニオン 輸入新品 500円
    | ノガッチ | フュージョン(キーボード) | 21:55 | comments(1) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 21:55 | - | - | - |
      >最初のワンフレーズがCDでは収録されていない

      えー、そうなの。そりゃあダメだわ。
      冒頭のフレーズって、1弦+2弦チョーキングで同時にEの音を鳴らす、当時はやったフレージングですが、ワトソン先生がやるとやたらカッコいいです。
      そっかー、あれが無いのかー。なんでだろうね。
      たしかにオールドファッションな技だけど、わざわざカットしなくても、と思います。

      しかい全編本当にカッコいい演奏ですよね。
      | 箱男 | 2011/09/21 1:10 AM |









      CALENDAR
      SMTWTFS
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ